仮想通貨

【DeFi】「AMM」とは?イールドファーミング・DEXとの関係性・用語解説

今回は「AMM」について解説していきます。仮想通貨の運用を始めたものの専門用語が多く難しさを感じている人もいると思います。DeFiをやっている方はもちろん知っていると思いますが、改めてAMMとはどんなものなのかぜひ知っておいてください。

知っておくだけでDEXについての基礎知識やイールドファーミングの仕組みを理解できるようになるので、自分の資金を上手に運用することにつながります。ぜひ最後まで読んでみてください。

AMMとは?

簡単にいうと「取引所」のことを言います。取引所と言ってもいくつかに分かれていて、まず大きく「CEX」と「DEX」の2つがあります。そしてさらにDEXは「板方式オーダーブック」と「AMM」の2つに分かれます。

いきなり「AMM」から解説するとゴチャゴチャになって分かり辛くなるので、「CEX」と「DEX」から順に解説していきます。

「CEX」と「DEX」の違い

CEXとDEXはどちらも取引所を意味しますが、少し特徴が違います。

CEXは「CENTRALIZED(中央集権取引所)」の略で、ユーザーが取引に利用する暗号通貨を会社が管理しています。大きいところで言えばBinanceなどが該当します。ちなみに日本の取引所もあります。

一方でDEXは「DECENTRALIZED(分散型取引所)」の略で、中央で管理する会社がなくユーザー同士がつながっているようなイメージです。これにはPancakeSwapなどが該当します。そして先ほども言ったように、DEXはさらに「板方式オーダーブック」と「AMM」に分類されます。

「板方式オーダーブック」と「AMM」の違い

「板方式オーダーブック」とは、市場に買い板と売り板がありマッチングした人だけが取引できるようになっている仕組みのことを言います。ただ、板が薄かったりするとマッチングできないケースもあります。ちなみに「板方式」「オーダーブック方式」「マッチング方式」という人もいます。

「AMM」とは「Automated market maker」の略で、自動でマッチングをして市場が作られていきます。そして板方式でマッチングできないケースが解消されています。

またAMMは2020年夏頃から注目されていて、DEXの取引高の90%を占めているといわれ利用者数が急速に増えてきています。

「AMM」とは?詳しい用語解説!

DEX(AMM)について理解するメリット

ここからはさらに詳しくAMMについて解説していきます。AMMについて理解できるようになると

  • LPを作ることが何を意味しているのか分かるようになる
  • DEXの独自トークンを持つメリットが分かるようになる
  • イールドファーミングの仕組みを理解できるようになる
  • DeFiが何故すごいといわれているのかの一部が理解できるようになる

などいくつかメリットがあります。知っている人と知らない人では運用の仕方にかなり違いが出ると思うので、ぜひ読んでみてください。

AMMの何がすごいのか?

例えば、私(みかん)が「取引所を作ろう!」となるとします。でも手持ちが1BTCと60000USDT (約1BTC分)しかなく、これでは取引所が作れる資金がありません。

仮に、手持ちの1BTCと60000USDT (約1BTC分)で取引所を作ったとしても、ユーザーから「2BTCをUSDTにしたいです!」といわれて、2BTCを交換してしまうと自分のUSDTがなくなってしまいます。そうすると、「交換する資金がないので、すみません・・。」と断ざるを得なくなってしまいます。結果、全然トレードができない取引所になってしまいます。

取引ができない取引所になっては当然利用者は増えません。そうならないために開発者は「他のユーザーに交換できるプールを作ってもらおう!代わりに、手数料の一部を還元してあげよう!」という仕組みを作りました。この仕組みで成り立っているDEXを「AMM」と言います。

分かりやすくその仕組みを図にまとめたので、図を元に解説していきます。↓

まず、ユーザから「流動性」というものを提供してもらいます。(BTCとETHのペアや、BTCとUSDTのペアなど)

そして、例えば左下の流動性提供者から「100BTC : 6,000,000USDT(約200BTC分)」を預ったとしたら、先ほど「2BTCを200USDTに交換したいです!」と言ってきたユーザー(スーツの男性)はすぐにトレードができるようになります。

なので、開発者は全く資金がなくても他の人が提供してくれるので、自動で市場が出来上がり取引所が活発に回るようになります。板方式のようにマッチングできないケースはなく、AMMではマッチング相手がいなくても流動性プールの中から自動でトレードができるようになっています。

こう言った仕組みからも言えるように、AMMは開発者の元手資金がなくても成り立つことや、流動性を提供してくれたユーザーには一部が還元されること、さらに、トレードした際の手数料は開発者に入るので、取引所の運営資金として回せることができます。凄い!

こんな感じでAMMはうまい具合に経済圏が回っています。

イールドファーミングとの関係性

大前提としてDEX(AMM)というのは流動性がないと取引ができない状態になります。

なので開発者としては「トレードをしてくれるユーザーよりも、まずは流動性を提供してくれるユーザーを増やしたい」と考えます。

なので流動性の提供者を増やすために開発者は「流動性を提供してくれて、なおかつそれを資金ロックしてくれたユーザーには、報酬として独自トークンを渡します」という仕組みを作ります。この仕組みがイールドファーミングになります。

分かりやすく例を挙げると、AMMである「PancakeSwap」に流動性を提供してくれたユーザーにはPancakeSwapの独自トークンである「CAKE」が報酬として渡されます。流動性提供者からしたら、自分の資金を預けるだけでトークンがもらえるのでお得です。

すると今度は「私もトークン(CAKE)が欲しい!」というユーザーが、どんどんファームに参加してきます。結果、流動性提供者も増えます。こうなることで何が起こるかというと

  • 流動性が増える
  • DEXとしての利便性が上がり利用者数が増える
  • DEX・CAKEの価値が上がる
  • DEXの取引手数料が増え、LPへの還元CAKEのbuybackなどが行える

といったメリットが増えます。こんな感じでAMM・イールドファーミングの関係が保たれています。

まとめ

  • 取引所の分類として「CEX」「DEX」がある
  • AMMはDEXに分類される
  • AMMの中でイールドファーミングが展開されている
  • DEX(AMM)の利用者数が増えれば独自トークンの価値が上がる

DEX(AMM)は開発者にとっては革命的で、元手の資金がなくてもアイデアと技術力があれば実現できます。

これからもこの3MIKANのブログでは仮想通貨全般の情報を発信していきます。Youtube動画もアップしているので、動画の方がわかりやすいという方はぜひYoutubeも見てみてください。(もし良ければチャンネル登録もお願いします!)

Youtube【3MIKAN チャンネル】

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。