仮想通貨

【DeFi】誰にでも起こり得るインパーマネントロスとは?Yieldwatchを用いて解説!

インパーマネントロスとは、簡単に言えば「通貨を預けずに持っていたほうが儲かっていた」という損失のことを言います。

インパーマネントロスは、流動性プール(流動性マイニング)を使いLPを組んでいる人に起こることですが、一時的にこういった損失が起こる場合があります。とは言え手数料による利益も得られるため、そこまでシビアな話でもありません。

ただ、インパーマネントロスについて勉強するとなると、仕組みや損失の計算方法が難しかったりするので、この記事では、メリット・デメリットも含めて「インパーマネントロス」について、詳しく解説していきます。

インパーマネントロスの計算方法については「Yield watch(イールドウォッチ)」を用いたほうが分かりやすいので、画像付きで解説していきます。

インパーマネントロスについて

DeFiをやっていると、金額がどんどん上がるトークンがあったり、逆に下がっていくトークンがあります。そういった場合に、トークンのまま持っていた方がいいのか、LPを組んでいた方がいいのか、わからない人もいると思います。

実際のところLPを組んで預けていたほうが、イールドファーミングをするにも、他に預けるにしろ利率がいいので、ほとんどの人がLPを組んでいます。

ただ場合によっては、トークンを持っていた方が利益が大きくなり、結果として「一時的な損失をおさえられていた」ということが起こります。

例えば、YieldwatchにあるSOUP-BNB(スープビーエヌビー)を例に見てみると……

「Impermanent Loss」の欄に赤文字で「$982.99」と表示されています。

この数字になるのはかなり珍しく額も大きいのですが、この記事を書いている当時SOUPの価格が約$800から約$400まで下がったために一時的な損失として$982.99の損失がでました。

このタイミングでLPを引き出すと「$982.99」の損失が含まれた状態で入ってきます。ただ、こちらはBeefy(ビーフィー)に預けているので稼いだ金額も合算するとプラスにはなります。とは言え、一時的には損失はしている状態です。

では、そもそもなぜこのようなインパーマネントロス(損失)が起こるのか?

インパーマネントロスはなぜ起こるのか?

インパーマネントロスはトークンの数量が変わることが原因で起こります。

下の画像の「Deposit Tokens」は元々預け入れたときのトークンの数量を表示しています。簡単にいえば、ここの数が変化することでインパーマネントロスが起こります。

なぜトークンの数量が変わってしまうかというと、例えば「SOUPを売りたい」という人がたくさんいた場合、SOUPのトークン数が急激に増えBNBのトークン数は減っていきます。

実際に、この記事を書いている数日で、SOUPの価格が急激に下がったためにSOUPを売る人が増えました。さらにBNBに限らず他の通貨に交換する人も増えました。

そのため、下の画像↓の「Token Change(トークンの変動)」に表記されている通り、SOUPのトークンは5.47増え、BNBは12.85減りました。

ではどのようにインパーマネントロス(損失)の額は計算されるのか?

インパーマネントロスの計算の仕組み

インパーマネントロスの計算の仕組みは自分でやるとなるとかなり大変です。ですが、Yieldwatchの表を読み解くだけで簡単に仕組みが分かります。(計算式まで詳しく知りたい方は、画像で説明した後に計算式も書いているので一緒に見てみてください。)

下記画像の「HODL Value」に表記されている数字は、一番最初に預け入れた当時の合計額(何もしないでトークンを持っていて、今売った場合の金額)になります。

そして「Current Value」の欄に表示されている数字は、LPを組んで解体した時の金額(トークン数に変動が起きたあとに売った場合の金額)になります。

この「HODL Value」と「Current Value」の差が「インパーマネントロス」になります。 (下記画像参照)

「LPを組んでいなかったら、これだけ儲かっていたのに〜!」という数字ですね。

詳しく知りたい人向け(インパーマネントロス計算式)

①まず「Deposited Tokens(元々持っていたトークン数)」の欄に表記されている数と、「Token Change(変化した分のトークン数)」の欄に表記されている数を合算します。(下記画像参照)

ここで合算して出た数が、今自分が持っているトークンの数になります。 (トークンが変動した後の数)

SOUPの場合、13.26+5.47 = 18.73(今持っているSOUPのトークン数)
BNBの場合、43.81+(−12.85) = 30.96(今持っているBNBのトークン数)

②次に「Deposited Tokens」に表記されている数に、現在のトークンの価値を掛け合わせます。ここで出た数が元々の金額(「Average Deposit Price」の欄に表記された額)になります。

13.26×(SOUPのトークンの価値)=元々のSOUPの金額
43.81×(BNBのトークンの価値)=元々のBNBの金額

③次に②の計算式で出た「Average Deposit Price(元々の金額)」に対して、今自分が持っているトークン数(①で出た数)を掛け合わせます。ここで出た数が、現在の金額(「Current Price」の欄に表記された額)になります。

Average Deposit Price(元々のSOUPの金額) × 18.73= 現在のSOUPの金額
Average Deposit Price(元々のBNBの金額) × 30.96= 現在のBNBの金額

上の表の数字を見て分かる通り「Average Deposit Price(元々の金額)」と「Current Price(今の金額)」の差を見るとSOUPの価格は$866.32から$427.93まで落ち、半分ほど価値が下がっていることが分かります。

④次に「Average Deposit Price(元々の金額)」に「Deposit Tokens(元々預け入れたときのトークンの数)」を掛け合わせます。(SOUPは13.26/BNBは43.81)

Average Deposit Price(元々のSOUPの金額)×13.26= 最初に預け入れた当時の金額
Average Deposit Price(元々のBNBの金額)×43.81= 最初に預け入れた当時の金額

ここで出た数が「HODL Value」に表記されている数字になります。「HODL Value」とは、一番最初に預け入れた当時の合計額(何もしないでトークンを持っていて、今売った場合の金額)になります。

⑤次に「Average Deposit Price(元々の金額)」に①で出た数(今自分が持っているトークン数)を掛け合わせます。SOUPは18.73 / BNBは30.96)

Average Deposit Price(元々のSOUPの金額)×18.73= LPを組んで解体した時の金額
Average Deposit Price(元々のBNBの金額)×30.96= LPを組んで解体した時の金額

ここで出た数が「Current Value」に表記されている数字になります。「Current Value」とは、LPを組んで解体した時の金額(トークン数に変動が起きたあとの金額)になります。

⑥最後に、⑤と④で出た「HODL Value」と「Current Value」の差を出します。

「HODL Value」−「Current Value」=「Impermanent Loss」

ここで出た数が、インパーマネントロス(損失額)になります!!実際に計算するとなると、かなり複雑ですね・・。

「インパーマネントロスがなんだかよく分からないけど怖い」っていう人は、「DeFi」に預けた二つのコインは価格差が広がりすぎると損をするんだな。と考えておいたら良いです。

まとめ

基本的には、どのLPも価格の変動が起きればインパーマネントロスは発生します。

LPを組むときに、「確実に上がるな」と思うトークンを持っているのなら、トークンをそのまま持っていた方が利益が出るので、そのまま持っておいた方がお得です。

ただ、トークンをそのまま持っているとAPY(年利)が良くないなどの弊害もあるので、その辺りの兼ね合いを考慮しながら運用した方がいいです。

そして、今回のインパーマネントロスの仕組みをざっくりでもいいので理解していただいて、今後、流動性マイニングやイールドファーミングをする際の判断材料にしていただければと思います。

よくわからないという人は「3mikan」のYouTubeでも詳しく解説しているのでそちらも見ていただければと思います。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。