仮想通貨

【仮想通貨】Raydium(レイディウム)とは?メリット・デメリット/SOLとは?/具体的な運用方法を画像付きで分かりやすく解説します。

今回は最近注目されているRaydium(レイディウム)について、メリット・デメリット、Raydium(レイディウム)とはどんなものなのか?解説していきます。

Raydium(レイディウム)とは簡単にいうとDEX(分散型取引所)なのですが、最近ではTwitterなどで有名な仮想通貨系インフルエンサーの方々がRaydium(レイディウム)の魅力についてツイートしたり、実際に運用しているなど、非常に人気が高まり注目されています。

ただ「Raydium(レイディウム)ってそもそも何?」という方もいると思うので、今回はRaydium(レイディウム)について分かりやすく画像も交えて、包括的に解説していきます。

Raydium(レイディウム)とは?

Raydium(レイディウム)とは、DEX(分散型取引所)です。

Solana(ソラナ)ブロックチェーン上に構築されているDEXで、他の人気DEXと同様に「スワップ(取引)」「ファーミング」「ステーキング」「IDO」ができます。なお年利は150%越えと非常に高く、人気・注目されていることがわかります。

これに加えて、DEX(分散型取引所)の有名どころと言えば「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」や「UniSwap(ウニスワップ)」などがありましたが、Raydium(レイディウム)は手数料が安いことからこれから人気が出てくると予想されています。

ちなみになぜ手数料が安いのかというと、Solana(ソラナ)ブロックチェーンを採用しているからです。DEX(分散型取引所)というのは、どのブロックチェーンを採用するかによって左右されます。

例えば、「UniSwap(ウニスワップ)」はイーサリアムというブロックチェーンを採用しています。「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」はBinanceSmartChain(バイナンススマートチェーン)というブロックチェーンを採用し、安い手数料を実現し人気が出ました。

PancakeSwap(パンケーキスワップ)BinanceSmartChain(バイナンススマートチェーン)
UniSwap(ウニスワップ)イーサリアム
Raydium(レイディウム)Solana(ソラナ)
(↑各DEXが採用しているブロックチェーン↑)

ちなみに現在、UniSwap(ウニスワップ)が採用しているイーサリアムでは処理能力のスピードや手数料の高さが問題視されていますが、Raydium(レイディウム)が採用しているSolana(ソラナ)ブロックチェーンは処理が高速で、しかもPancake Swap(パンケーキスワップ)が採用しているBinanceSmartChain(バイナンススマートチェーン)よりも手数料が安いです。

Raydium(レイディウム)特徴まとめ
  • Solana(ソラナ)ブロックチェーンを採用しているDEX(分散型取引所)である
  • 「スワップ」「ファーミング」「ステーキング」「IDO」ができる。(発展途中なので今後他機能が追加される可能性アリ)
  • 処理能力が高く、手数料が安い
  • 年利が高い!(150%越えのものも)

Raydium(レイディウム)のメリット/デメリット

メリット

  • 処理能力が高い
  • 手数料が安い
  • 注目度が高い

先ほども解説した通り、Raydium(レイディウム)はSolana(ソラナ)ブロックチェーンを採用しているため、処理が早く手数料が安いです。2021年の2月にローンチされ比較的若いDEX(分散型取引所)ですが、数あるDEX(分散型取引所)の中ではすでにいいポジションについています。

デメリット

どのDEX(分散型取引所)にも共通しますが、ブロックチェーンに問題が起こるとRaydium(レイディウム)にも影響が及ぶ可能性があります。

他にも運営の資金の持ち逃げやサービス終了などの懸念もありますが、Raydium(レイディウム)のドキュメントなど見ても今のところ随時更新されていて、利用者に対しての情報共有などちゃんとしているなと印象を受けます。なのでそこまで心配する必要はないかと思います。

特に目立ったデメリットがあるわけではないので、これといって心配する必要はないかと思います。ですが他の人気DEX(分散型取引所)同様に運用する際はテレグラムに参加したり、公式ツイッターなどから情報収集をして自己責任で利用するようにしましょう。

Raydiumu(レイディウム)の操作方法

  1. Sollet(Solanaのウォレット)を作る
  2. SOLをバイナンスで購入する
  3. 購入したSOLをSolletに送金する
  4. RaydiumとSolletを接続する
  5. RaydiumでSOLをRAYにSwap(交換)する

という流れになります。これからこの操作を画像付きで解説していきます。なお画像は全てPCでの表示画面になるのでiPhoneアプリなどの表示画面とは異なる場合があります。

① Sollet(Solanaのウォレット)を作る

Solletを開くと、一番最初の画面に「新しいウォレットを作成する」と表示されているので、そこから表示されている手順通りに操作していくと簡単にウォレットが作れるので、ここでの詳しい解説は割愛します。

→ Sollet(ウォレット)を作る

② SOLをバイナンスで購入する

次にバイナンスでSOL(ソル)というトークンを購入します。

なぜSOL(ソル)を購入する必要があるかというと、このSOL(ソル)で手数料(トランザクション)の支払いを行うからです。このSOL(ソル)がなければSwapもできませんし、とにかく全ての取引ができません。なのでSOL(ソル)というトークンを買います。

SOL(ソル)の購入方法をググってみると、「SOL(ソル)を購入するにはFTXという取引所で購入すると良い」と書かれている記事が多いのですが、正直、取引所というよりトレーダー用の画面の要素が強かったり、記事が書かれてから時間が経っていたりするので、今回は初心者の方でもやりやすいbinance(バイナンス)を使ってSOL(ソル)を購入していきたいと思います。

バイナンスの取引画面を開いてSOL/USDTまたはSOL/BUSDを購入します。(今回はSOL/BUSDを購入します。)

「購入」「マーケット」を選択して、いくら購入するか金額を入力します。入力したのち緑ボタンの「購入 SOL」をタップして購入します。これでSOL(ソル)の購入が完了です。

③ 購入したSOL(ソル)をSolletに送金する

binance(バイナンス)の「ウォレット概要」というページを開きます。先ほど購入したSOL(ソル)のアイコンが表示されているので、その隣にある「出金」ボタンをタップします。

次に左にある「通貨」の欄で「SOL」を選択し「受取人のSOLアドレス」と「合計額(出金額)」を記入し「提出」ボタンをタップします。(※「受取人のSOLアドレス」の入力方法は次で説明します。)

※「受取人のSOLアドレス」の入力方法

まず手順①で作ったSolletを開きます。SOLが表示されているのでそこをタップします。

次に「RECEIVE」をタップします。

SOLアドレスが表示されるのでコピーします。

再度、binance(バイナンス)の出金画面に戻り「受取人のSOLアドレス」のところに、先ほどコピーしたSOLアドレスを貼り付けます。

「受取人のSOLアドレス」を貼り付け「合計額(出金額)」も入力したら、黄色の「提出」ボタンをタップします。

「メール認証コード」「スマホ認証コード」「Google認証コード」が送られてくるので、それぞれ送られてきたコードを入力したら「提出」ボタンをタップします。(「メール認証コード」「スマホ認証コード」は欄の右隣にある「コードを送信」をタップするとコードが送られてきます。)

このような画面が出たら、出金完了です。(3分ほどでSolletに着金します。)

ちなみにSolletに着金すると手数料分が引かれた金額がこのように表示されます。

④ Raydium(レイディウム)とSolletを接続する

SOL(ソル)をRAY(レイ)に交換するには、Raydium(レイディウム)ろSollet(ソレット)を接続する必要があります。なのでまずはRaydium(レイディウム)を開きます。Farmをタップして、右上にある「Connect」ボタンをタップします。

続いてこのような表示が出てくるので「Sollet」をタップします。

左上にSolletの画面が小さく表示されているので、Solletの自分のアカウントのパスワードを入力し、右下の「UNLOCK」をタップします。

次に、同じくSolletの小さい画面の右下に「CONNECT」と表示されるので、そのボタンをタップするとRaydium(レイディウム)との接続が完了します。

⑤ Raydium(レイディウム)でSOLをRAYに交換する

Solletを開いて、右上にある「+」ボタンをタップします。

次にRAYを選択します。

RAYが追加されるとこのように表示されます。

そして次にRaydium(レイディウム)を開き、交換する通貨(今回はSOLとRAY)を右のタブから選択します。次にSOLの数量を入力し「Swap」のボタンをタップします。

再度左側にSolletの画面が表示されるので「APPROVE」をタップします。これでSwapができました!

LPを作成してステークする方法

今回はLP作成から解体まで、一連の操作方法を解説します。手順は次のとおりです。

  1. LPを作成する
  2. ステークする
  3. ステークを解除する
  4. LPを解体する

LPを作成する

まず下の画像の上部にある「Liquidity」にタブを合わせて、それぞれSOLとRAYを選択します。次にSOLの数量を入力し「Supply」のボタンをタップします。

左側にSolletの画面が出てくるので「APPROVE」をタップします。

ステークする

上部にある「Farms」をタップします。

「RAY-SOL LP」をタップし、右側にある「Stake LP」をタップします。

数量を入力して「Comfirm」をタップします。

再度、Solletの画面が表示されるので「APPROVE」をタップします。これでステーク完了です。

ステークが完了するとこのように表示されます。

ステークを解除する

まずは「−」をタップします。

数量を入力し「Confirm」をタップします。

「APPROVE」をタップしたらステーク解除の完了です。

LPを解体する

上部にある「Liquidity」をタップします。

「Remove」をタップします。

数量を入力し「Confirm」をタップします。

「APPROVE」をタップします。これでLPの解体操作が完了です!

まとめ

実際にRaydium(レイディウム)を操作すると実感できるのですが、読み込み処理がとにかく早いのでサクサク操作ができます。

Raydium自体、参入している人はまだ少なく使えるウォレットも少ないので利用するのを諦める人も多いようですが、これからさらに利用者が増えると見込んでいるので、気になる方は今のうちに参入してみると良いかもしれません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。