MENU
仮想通貨

バイナンスでUSDT(テザー)をクレジットカードや銀行振込で購入する方法【Binance】

仮想通貨のDeFiやステーキングなど、様々な場面でUSDT(テザー)が必要になるときってありますよね。

ただ、今までは国内取引所でBTCを購入して、バイナンスでUSDTに変換などの手間がかかって面倒だったと思います。

最近になって、バイナンスで銀行振込やクレジットカード、LINEPayなどで購入できるようになっています。数分で購入が完了するので非常に便利です。

【無料】今すぐバイナンスに新規登録

この記事のポイント
  1. バイナンスに新規登録する
  2. バイナンスにKYC登録をする
  3. バイナンスでUSDTを銀振・クレカで購入する
  4. ウォレットに振替する

BinanceでUSDT(テザー)を銀行振込やクレジットカードで購入する手順

バイナンスでUSDT(テザー)を購入する手順はざっくりこんな感じです。

USDT購入の流れ
  1. Binance(バイナンス)に新規登録
  2. Binance(バイナンス)のKYC登録
  3. 『仮想通貨購入』へ進む
  4. 購入したい通貨・レート・支払い方法を絞り込んで選択
  5. 購入したい金額を入力
  6. お支払い・支払い完了報告・チャットやりとり
  7. P2Pウォレットから現物ウォレットに振替

この記事内では、PC版でやっていますが、アプリでも可能です。

メニューの表記などはだいたい同じなのでアプリのほうが使いやすい方はそっちを使ってください。

ただ途中決済や振込作業などが入りますので、パソコンでできる方はパソコンの方が安心してできるかなと思います。

※言語を日本語設定にするとスムーズです。

①Binance(バイナンス)に新規登録

まずはバイナンスに登録するところからになります。下のボタンからクリックして進んでください。

【無料】今すぐバイナンスに新規登録

登録自体はめちゃくちゃ簡単です。メールアドレスまたは電話番号とパスワードを設定するだけです。

②Binance(バイナンス)のKYC登録

登録が完了したら、KYC(本人確認)登録を行いましょう。

KYC登録は今回のUSDTを銀行振込やクレジットカードで購入するために必要な手順になります。

現在は登録後はそのまま本人確認フローに進みますので手順通りやっていきましょう。

KYC(本人確認)に使える書類

  • パスポート
  • 運転免許証

仮に登録フローがどこかわからなくなった場合には下のように進めます。

ログイン後にユーザーアイコンをクリックします。その後、「Identification(身分証明)」をクリック

「Personal details(個人詳細)」にて、「Verify(確認)」をクリックして進めてください。

③『仮想通貨購入』へ進む

KYC登録が完了したら、『仮想通貨購入』→『P2Pトレード』へ進んでください。

進むと、日本円換算の一覧が並んでいるかと思います。

④購入したい通貨(USDT)・レート・支払い方法(銀行振込・クレジットカード)を絞り込んで選択

次に、通貨などの絞り込みを行います。

  1. 通貨を「USDT」に選択
  2. JPY換算レートを確認
  3. 支払手段を確認
  4. OKの場合には「USDTを購入」へ進む

これで購入フローに移ることができます。

レートが安いかどうかだけでなく、支払い方法などもしっかり確認しましょう。トラブルなどが気になる方はオーダー完了率なども確認するとよいかと思います。

取引金額に下限上限が設定されていることに注意

それぞれの出品には一回の取引でできる下限金額・上限金額が設定されています。その間の金額しか取引できないので注意しましょう。

上限設定の問題で何回かに分けて取引しないといけなくなったりするので、自分の資金に合わせて選びましょう。

⑤購入したい金額を入力

購入したい金額を入力したら、直接のやりとりに進みます。

⑥お支払い・支払い完了報告・チャットやりとり

支払い方法の選択をし、該当の支払手段で振り込みましょう。

支払いフロー
  1. 支払い方法を選択
  2. 該当の支払い方法で決済
  3. 「振替済」ボタンを押す
  4. チャットで相手に明細画像データを送る

基本的に振込時の明細や詳細を保存しておいて、チャットで送ってあげるよのが良いと思います。

銀行振込を使う場合には土日や夕方以降でも振り込みができるネットバンキングの方がいいかもしれません。

「リリース予定」になったら後は待つだけになります。

⑦P2Pウォレットから現物ウォレットに振替

完了したら、ウォレットを振替する必要があります。

「P2Pウォレット(取引用のウォレット)」から「現物ウォレット(資産用ウォレット)」に移動しましょう。

これで、USDTを現物のウォレットに移動することができました。

あとはバイナンスで通常通り送金などに使えますので、ご自由にお使いください。

USDT(テザー)を使った運用方法

USDTを使った運用方法として、私はDeFiをやっています。主にパンケーキスワップを主体としてBSCで運用することが多いです。

DeFiの分野は非常に面白いので、一度目を通すことをおすすめします。

他にも、バイナンス上で運用することもできます。

  • USDTをそのままフレキシブルセービングに回す(現在推定年利6%)
  • UDSTを定期セービングに回す(現在推定年利6.31%)
  • BNBと交換し、BNB Valutを活用する

などなどです。こちらについてもまとめていければと思います。

【無料】今すぐバイナンスに新規登録

補足:今までのUSDT(テザー)購入方法では銀行振込やクレジットカードは直接使えなかった

今までは、国内の取引所でBTC(ビットコイン)を購入し、それをバイナンスに送ってUSDTに変換していました。

コインチェックやGMOコインなどを使って国内取引所を使うのもいいですが、手早くUSDTを買いたい場合は直接買っちゃうほうが早いですよね。

ぜひ試しに使ってみてください。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。