仮想通貨

【仮想通貨】Binance(バイナンス )の逆指値について分かりやすく解説します!逆指値注文のやり方・損切り・STOP LIMIT

今回は、仮想通貨取引所「binance(バイナンス)」での逆指値注文について解説していきます。

binance(バイナンス)といえば世界最大級の仮想通貨取引所で、取引高はすでに世界一を誇っています。最近ではbinancefuture(バイナンスフューチャー)を利用したハイレバレッジ取引もできるようになり、逆指値注文をやってみたいと考える人が増えました。

逆指値注文は、チャートに張り付いていなくてもあらかじめ損切りラインを設定して、指定した場所で損切りができるメリットがあります。

「損を小さくし、利を大きくする」ための重要な方法なので、ぜひ逆指値注文の方法を覚えてもらえたらと思います。

binance(バイナンス)の逆指値とは?

逆指値を理解するには、まず「指値(Limit)」について知ると理解しやすいです。指値とは、買い注文の時は「仮想通貨が○円以下になったら買う」、売り注文の時は「仮想通貨が○円以上になったら売る」というように売買する価格をあらかじめ決めておくことを言います。

自分で売買の価格を設定できるので、売買のチャンスを逃すことがありません。一日中チャートに張り付かずに自分の希望した価格で取引ができるので、忙しい方や他に本業がある方には便利だと思います。

ただ、注意点もあります。例えば「70万になったら、1BTC(ビットコインを)買う」と指値注文を出します。この時仮にBTC(ビットコイン)が大暴落して一気に50万まで下回ったとすると、70万円のBTC(ビットコイン)を50万で買うことになるので、20万円の損が出ます。

なので、指値注文をするときは、チャートが激しく動いていないか確認しておく必要があります。

これに対して「逆指値(Stop Limit)」というのは、買い注文の時に「仮想通貨が○円以上になったら買う」、売り注文の時に「仮想通貨が○円以下になったら売る」と売買する価格を決めておくことを言います。この方法は「仮想通貨をより高く買い、より安く売ること」を目的としています。損切り注文とも言えます。

指値注文と同じように、自分で売買の価格を設定できるので、売買のチャンスを逃すことがありません。一日中チャートに張り付かずに自分の希望した価格で取引ができます。

簡単にまとめると、買った仮想通貨を利益確定させることを目的としてるのが指値注文、買った仮想通貨がここまで下がったら売って損切りしようというものが逆指値注文になります。

逆指値注文のメリットと注意点

先ほど解説したように、逆指値注文は、「指定した価格まで下がったら買い」「指定した価格まで上がったら売り」といった指定であらかじめ注文内容を設定しておくことを言います。

逆指値注文を上手に利用するには「上昇トレンド・下降トレンド」を見極められるようになると良いです。上昇トレンドというのは価格が上がりる続けている状態のことをいい、下降トレンドというのは下がり続けている状態のこといいます。

トレンドを見極めると言っても、もちろん100%見極めることは無理な話ですが逆指値注文の仕組みを理解していれば「安く購入し、高く売ること」につながります。

例えば、価格が上昇傾向にあるBTC(ビットコイン)に目をつけ「1通貨あたり50万円のタイミングで、80万円で1BTCを買う」という逆指値注文を出したとします。もしその後、価格が上がり続け80万円で購入した後もさらに価格が高騰し、1通貨あたり100万円になれば、20万円安く購入できたことになります。

対して、価格が下降傾向にあるBTC(ビットコイン)に目をつけ「1通貨あたり80万円のタイミングで、50万円で1BTC(ビットコイン)を売る」という逆指値注文をすれば、BTC(ビットコイン)の価格が50万円を下回った時にその差額分だけ高く売却できたと言えます。

ただ、トレンドを完璧に見極めることは難しいので、見極めた通りになるかどうかは分かりません。

「これはきっと上昇するぞ!」と思って逆指値注文を出しても、その後価格が急下降すれば大きな損失を生むことになります。同じように「きっと下降するな」と思って逆指値注文を出して、その後価格が急上昇すれば、いつまでも売買が成立しない可能性もあります。

逆指値注文を利用する際は、今解説したメリットと注意点を覚えておきましょう!

binance(バイナンス)逆指値注文のやり方

PCから操作する場合

やり方はとても簡単です。まずbinance(バイナンス)で取引画面を開きます。

「Stop Limit(ストップリミット)」をタップして、「ストップ」「指値」「金額」を入力していきます。

「ストップ」には「ここまで下がったら売る」という価格を入力します。ここで入力した価格になると注文が発注されます。

「指値」にはストップで入力した価格に達した時に出す注文の価格を入力します。ストップ価格到達後、この価格に到達したら実際に(買い)or(売り)エントリーが入ります。

「金額」には、合計でいくら取引するか入力します。

全て入力し終わったら購入または売却ボタンを押して操作完了です。

アプリから操作する場合

トップページ下にある「トレード」をタップします。

「ストップリミット」を選択します。

その後各項目に先ほど説明したように入力して操作完了です。

まとめ

  • 自分で売買する価格をあらかじめ設定することでチャートに張り付くことがなくなる
  • 「設定した価格を上回れば購入、下回れば売却する」のが逆指値注文
  • 損切りに使うこともできる

今回は、逆指値注文について解説しました。指値注文も一緒に理解できるようになると、仕組みや考え方の違いが理解でき、自分がやりやすい方法を選ぶことができると思います。

どちらも重要な知識なので、仮想通貨の運用をする前にはそれぞれの違いを理解しておきましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。