仮想通貨

【仮想通貨FX】逆指値(条件付き注文)とは?基本的な使い方・注文方法・メリット・デメリットを紹介

今回の記事では、逆指値注文について解説して行きたいと思います。

『逆指値』という言葉通り、指値注文の逆になります。指値注文では通常『指定した価格以下で買い注文・指定した価格以上で売り注文』ですが、この逆を行うため逆指値と呼ばれます。

現在の価格より、『高くなったら買いたい・低くなったら売りたい』注文方法です。使い方含め理解しておきたいポイントも紹介していきます。

仮想通貨FXでは『条件付き注文』から注文する必要がありますが、通常の指値注文ではできない逆指値の注文方法を知りたいという方は、是非最後まで読んでいただければと思います。

逆指値とは

逆指値注文は、条件を満たした場合に発注される注文です。

指定していた条件より高くなったら買い低くなれば売りの注文が自動で入るように設定する注文方法です。

(例)現在の価格を1200円とします。1100円の売り注文の予約をしている状態です。

①指値注文の場合

▶この時点で1100円の売り注文を行ってしまうと1200円で約定してしまいます。現在価格が1200円の為、その瞬間に約定し、売りポジションに変わってしまうという事です。

②逆指値注文の場合

▶この時点で1100円の売り注文を行っても、現在価格が1200円の為注文はすぐに実行されません。指定した価格まで現在価格下がった時に、1100円の売り注文が実行されるという事です。

使い方

今回はBYBITを例に紹介していきます。

逆指値注文:『48500.00以下になったら売り注文を実行する』という注文になります。現在の株価が条件を満たしていない為、市場には売り注文が現状発注されていないです。

仮想通貨FXでは、『逆指値注文』という注文は無く条件付き注文を利用して注文をすることになります。

逆指値の使い方:流れ①(逆指値で損切)

  1. 条件付きを選択:参入注文から変更が可能です。
  2. 価格の設定:トリガー/注文価格の値を決めます。
  3. 注文タイプの選択:
    トリガーは3種類可能【成行・インデックス・マーク】
    注文価格は【成行・指値】
    ※ここを「成行」にすると純粋な逆指値注文が発注できます。
  4. 数量の選択:買い・売りの数量を決めます。
  5. 逆指値注文:市場が、上がった場合ロング(買いの注文)/下がった場合(売りの注文)で参入します。

※逆指値注文は変更やキャンセルが可能です。

今回の逆指値注文の意味
  1. BTCが上がると予想したので、$49001.00で『買いの注文』を入れました。
  2. 相場が仮に下がった場合に備えて、$48500.00で『売りの逆指値』注文も出します。
  3. 相場が48500.00まで下がり、売り注文が実行された場合$501の損失に限定という意味になります。(実質的な損切り)

※損失の拡大を防止するために、逆指値を利用した例になります。

逆指値の使い方:流れ①の応用版(利確ライン+逆指値で損切)

今回の逆指値注文の意味
  1. BTCが上がると予想したので、$49001.00で『買いの注文』を入れました。
  2. $51467.5の売りの指値(利食注文)と同時に相場が仮に下がった場合に備えて、$48500.00で『売りの逆指値』注文も出します。
  3. 相場が予想通り上昇し、$51467.5で利確設定。逆に相場が下落し48500.00まで下がった場合には、売り注文が実行され$501の損失に限定という意味になります。

※読みにくい相場に対してトレンドに乗れるように、フォロー注文として逆指値を活用。

逆指値の使い方:流れ②(トレンドフォロー)

今回の逆指値注文の意味
  1. (現在レンジ相場で下降トレンドになる予想)
  2. レンジ相場が崩れ、下降トレンドと見極められる瞬間($48,500)に売り注文が入れれるように逆指値を設定
  3. 相場が$48,500を下回ると自動的に売りポジションを持ち、下降トレンドに乗っかる形で利益を出せる

逆指値のメリット

  • 上昇・下降しそうだと思う所で逆指値注文を利用し、上昇トレンド・下降トレンドに乗ることができます。(トレンドフォロー)
  • 今回の利用方法のようにリスクヘッジに繋げる事も可能です。(損切として利用)
  • 予想と逆のパターンになってしまっても一定の利益を確保することが可能です。(利確として利用)

逆指値のデメリット

  • レンジ相場になっている場合、指定している相場に中々入る事がなく注文が実行されにくい。
  • 手数料が発生する。仮想通貨の取引は取引ごとに手数料が発生するのでそちらを含め利益幅を作る必要がある。
  • 相場の変動が激しいことが多いため、損切りとして活用する場合とトレンドで利用する場合に備えたい。

逆指値の補足

逆指値をリスクヘッジとして使う際利確・損切という言葉がでてきます。

それは、上の画像のAさんBさんが同じ結果になることを利用しています。

AさんとBさんが同じタイミングで1BTCを保有したとします。

Aさんは60,000$に利食注文を入れました。
Bさんは60,000$に売りの指値注文を入れました。

60,000$に到達したのでAさんは利確。
10,000$の利益確定。

Bさんは売りの注文が入り両建ての状態になります。
▶両建てのポジションを持った時点で10,000$の利益が確定しています。

つまり、AさんとBさんは注文方法は違いますが同様の決済を行っていることになります。
(両建てができない取引所の場合はBさんの取引は自動的にAさんの取引と同様になります)

両建てができない取引所の場合はこのように、売りの注文を入れようとすると利確(利食)になるのでポジションを持つ証拠金は発生しません。

新しくポジション持たなくとも現状のポジションを決済することで希望の注文方法を実現できるため、新規ポジションのための証拠金が不要になるのです。

まとめ

逆指値注文は主に

  1. 損失に備えて注文を設定しておく
  2. トレンドフォローができるように注文を設定しておく

この2つを実現するために使える注文方法です。

今回紹介したBybitでの逆指値注文ですが、トレード方法をこちらのブログでも紹介していますので興味がある方は是非参考にしてください。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。