仮想通貨

【仮想通貨】アービトラージとは?初心者でもできる?メリット・デメリット/失敗しないコツについて解説します。

今回は「アービトラージ」について、メリット・デメリット、やり方などを解説していきます。

アービトラージは「リスクが小さい」「短期トレードよりも儲かる」「初心者でもやりやすい」など言われていますが、損失を防ぐために注意しなければいけないポイントがいくつかあります。

アービトラージについて理解できるようになれば、初心者の方でも比較的やりやすいと思うので、ぜひ参考にして見てください。

仮想通貨 アービトラージとは?

アービトラージとは、取引所で仮想通貨の売買を行いその差額を利益化することです。

日本でいう「裁定取引」にあたるもので「アビトラ」とも言われ、比較的リスクが低いという特徴があります。

仮想通貨の場合は、各取引所の価格差が大きいほど利益が出やすいため、複数の口座を開設するのが基本となっています。「安い取引所で買って、高い取引所で売る」という仕組みです。

シンプルな仕組みですが、これから解説するメリット・デメリットを知識として知っておかないと、アービトラージをやってもなかなか利益が上がらなかったり損失を招くことになりやすいので気を付けましょう。

アービトラージのメリット・デメリット

メリット

  • 知識がなくてもできる
  • 価格差さえあれば24時間取引できる
  • 比較的リスクが小さい

アービトラージは、「安く買って高く売る」という作業の繰り返しなので、仮想通貨の知識が少ない方でも簡単にできる方法です。チャートを見て価格差を見つけることが主な作業なので、投資経験が浅い人でもやりやすいです。

他にも、取引所同士での価格差さえあれば24時間いつでもアービトラージができます。仮想通貨は短時間で価格が乱高下するので、価格差を見つけたらトレードして、どこにいても利益を生み出すことができます。

価格差を利用して利益を上げる方法なので、価格の乱高下による影響を受けにくいと言えます。価格差を見つけた時点で売買すればいいので、短期トレードで利益を出せます。長時間の持ち過ぎで価格変動に巻き込まれ、大損するリスクも少ないです。仕組みもシンプルで簡単なので、初心者の方でも気軽にできます。

デメリット

  • ローリターンである
  • 売却までに価格変動するリスクがある
  • 「待ち」による時間的拘束がある

取引所同士の価格差は、常に大きく開いているわけではありません。そのため一度の取引でたくさんの利益を生み出すことは難しいです。なので「初心者だから、まずは小さい額で始めたい」という方やお小遣い稼ぎ感覚でやっている方も多いです。もしたくさんの利益を出したいのなら、繰り返しアービトラージするか、他の方法にシフトするかになります。

他にも、仮想通貨の送金には時間がかかります。BTC(ビットコイン)の場合、送金時間までに約10分かかると言われています。もし送金までの間に価格が急降下したら、損することも十分あり得ます。場合によっては送金までに1時間かかることもあるので、売却までの価格変動リスクは常に気にしておくことが大切です。

この送金ラグをヘッジするために、両方の取引所に先に入金しておく方法もあります。例えば、BTCとUSDTを両方の取引所に入れておけば、どちらの方向の売買も即座に行えます。

24時間いつでも取引ができますが、取引するためにはチャートで価格差を見ておく必要があります。そのため、適切なトレードのタイミングを待たなければならず、常にチャートを見ておかなければいけないという時間的拘束があります。「好きな時にだけチャートを見て取引する」という形では、なかなか大きな利益につながらないので、少ない取引で莫大な利益を出したいという人には向いていません。

アービトラージのやり方

手順は大きく分けて4つあります。

1. 取引所に口座を開設する

アービトラージは前述しているように、取引所同士の価格差で利益を得る方法です。最低でも3〜4つの取引所で口座を開設しましょう。口座を開設していればその分取引所の選択肢が増えるので、利益が出しやすくなります。

おすすめの取引所は、CoinCheck / GMOコイン / DMM Bitcoin / BitFlyer になります。この4つは比較的取り扱っている仮想通貨が多いので利用しやすいと思います。

2. 日本円での入金をする

それぞれの取引所への登録が済んだら、実際に日本円を入金していきます。利益を出すためにはできるだけたくさん投資することが大切です。というのも、大きい額での入金をすれば手数料負けすることを減らせるメリットがあるからです。「まずは様子を見てみたい」という方は少額から始めて、慣れてきたら投資額を増やしてもいいと思います。

さらに効率よく利益を生み出していくためにも、入金はネット銀行を利用すると手間が省けてスムーズです。ネット銀行を利用する際には「クイック入金対応」をしている取引所を選ぶことも覚えておきましょう。

3. 相場のチェック

各取引所の登録・入金が終わったら、価格差をチェックしていきます。取引所数の目安は4〜5つです。

この時、それぞれの取引所のサイトを開いて価格差をチェックするやり方だと見づらかったり、時間がかかります。効率よく価格差を把握するためには、複数の取引所のBTC(ビットコイン)の価格を一覧で表示してくれるアプリなどを使うとスムーズです。

4. 他の取引所に送金

価格差が大きい2つの取引所が確認できたら、安い取引所から高い取引所へと送金します。この時、あらかじめ登録している全ての取引所にBTC(ビットコイン)を置いておくとスムーズなスタートができます。そして送金ができたら通貨を売却します。

これをすることで、持っていたBTC(ビットコイン)の数量は変わらず、日本円が増えることになります。

賢いアービトラージのやり方3つ

手数料が無料・安い取引所を使う

仮想通貨のアービトラージでは、購入・売却・送金には手数料がかかります。利益が出ても手数料が高ければ、結果としてあまり儲かっていない、もしくは損している状態になります。

手数料は取引所によって違うので、手数料の安いとこを選んで利用するのも上手くやるための方法です。

値動きが大きいタイミングを狙う

アービトラージで稼ぐ場合は、値動きが大きい時が最適と言えます。取引所同士での価格差が大きく動くので、タイミングを見極めるためにも、まめにチャートをチェックしておくと利益を上げやすいです。

各取引所にBTC(ビットコイン)と現金(またはUSDT)を置いておく

仮想通貨でアービトラージを行う際は、あらかじめ各取引所にBTC(ビットコイン)と現金(またはUSDT)を置いておきましょう。BTC(ビットコイン)は送金に時間がかかります。もし、取引所にBTC(ビットコイン)がない場合はその都度送金しなければいけません。

もたついている間に価格差が縮まり、利益が少なくなる場合があるので、あらかじめBTC(ビットコイン)と現金は各取引所に置いておきましょう。

まとめ

  • 安い取引所で買って、高い取引所で売る方法をアービトラージという
  • 価格差さえあれば24時間いつでもできる
  • ローリスク・ローリターンのため超初心者でも始めやすい
  • 送金〜売却までに価格が変動するリスクがある

アービトラージについて解説してきましたが、仕組みを理解すれば初心者の方でも始めやすい方法だと思います。ローリスク・ローリターンなので、お小遣い稼ぎでやってみると面白いと思います。いきなり大金を突っ込むのが怖いという方は、まずは様子を見ながら始めて操作に慣れてきたら額を増やしていくのも一つの方法です。

興味がある方は是非試してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。