仮想通貨

【仮想通貨】BINANCE(バイナンス)の送金方法を解説します。入金/アプリからの送金方法

今回はBINANCE(バイナンス)の送金・入金方法について解説します。

「BINANCE(バイナンス)で仮想通貨を購入したいけど、送金(入金)手順がわからない」「なぜか入金できない・反映に時間がかかる」という方に向けて、画像付きで手順の説明していくのでぜひ参考にしてみてください。

また、BINANCE(バイナンス)へ送金する時、どの取引所を使って送金するかで手数料の差がかなり開きます。手数料を抑えたい方はぜひ参考にしてもらえたらと思います。

送金(入金)の注意点・知っておいた方がいいこと

  1. binance(バイナンス)への日本円での送金(入金)は不可
  2. binance(バイナンス)への送金反映時間はBTCで約15分〜
  3. binance(バイナンス)への入金手数料は無料
  4. 送金手数料が無料の国内取引所を使うことで最大6000円安く送金できる

① binance(バイナンス)への日本円での送金(入金)は不可

仮想通貨の取引所を利用する時、まずは取引所に日本円で入金をして、仮想通貨を購入しなければいけません。

binance(バイナンス)では、米ドルやユーロといった様々な法定通貨を取り扱っていますが、日本円は現在取り扱われていないので、日本円での入金はできません。

そのためbinance(バイナンス)を利用するならば、まずは国内の仮想通貨取引所で日本円と仮想通貨を交換し、そこで得た仮想通貨をbinance(バイナンス)へ送金(入金)する必要があります。

ちなみに、binance(バイナンス)へは日本円を入金できないものの、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)などの 主要な仮想通貨であれば、クレジットカードで仮想通貨を購入することが可能です。

② binance(バイナンス)への送金反映時間はBTCで約15分

binance(バイナンス)では、着金までの承認作業を2回設定しており、BTC(ビットコイン)であれば最短15分〜で送金(入金)が反映されます。

XRPやETHのような仮想通貨の場合は、送金に時間がかからないので数分で送金(入金)が反映されます。

③ binance(バイナンス)への入金手数料は無料

binance(バイナンス)では仮想通貨の入金手数料が無料です。なのでbinance(バイナンス)に送金する際は手数料を気にする必要がありません。

その代わり、仮想通貨を送金する際のネットワーク手数料や、送金元(国内取引所)のウォレットに送金手数料が設定されていることがあるので、仮想通貨の送金元の手数料がいくらかかるのか調べておくことをおすすめします。

送金手数料は最大6000円安くできる

最近テレビCMやYoutube広告などで、日本の国内仮想通貨取引所であるコインチェックを知り、コインチェックを使ってbinance(バイナンス)に送金しているという人もいます。

確かにコインチェックは初めて仮想通貨を運用するという人にとっては使いやすいかと思いますが、送金手数料が¥4000〜最大¥6000かかる場合があります。異常に高い送金手数料なので、知らずに利用して後から後悔する人もいます。

そこでおすすめなのがGMOコインです。GMOコインは国内取引所であり、送金手数料が無料なので、かなりコストを抑えられます。なので今回は、GMOコインを例に、GMOコインからbinance(バイナンス)へ送金する手順を画像付きで解説していきたいと思います。

binance(バイナンス)に送金する方法

今回は、送金手数料が無料のGMOコインでBTC(ビットコイン)を購入し、binance(バイナンス)へ送金します。なお、解説に使う画像はすべてアプリでの操作画面になります。

大きな手順としては以下です。

  1. GMOコインで日本円を入金する
  2. GMOコインでBTCを購入する
  3. binance(バイナンス)を開きBTCのアドレスをコピーする
  4. GMOコインを開きコピーしたアドレスを貼り付ける・認証
  5. GMOコインからbinance(バイナンス)へBTCを送付する

① GMOコインで日本円を入金する

GMOコインでアカウントをまだ持っていないという方はアカウント登録から始めてください。今回は登録手順は省きます。

では、まずはGMOコインアプリを開き「日本円入出金」をタップします。

「即時入金」もしくは「振込入金」をタップして、利用する金融機関を選びます。(画像に写っている以外の金融機関も使えます。)

あとはそれぞれ表示される手順通りに操作を進めると入金ができます。

② GMOコインでBTCを購入する

GMOコインアプリを開き、トップページの下にある「保有/履歴」をタップします。

「BTC」をタップします。

「【販売所】購入/売却」をタップします。

金額を入力し「購入」ボタンをタップします。

6秒以内に「注文確定」ボタンをタップします。

これで5000円分のBTCを購入できました。

③ binance(バイナンス)を開きBTCのアドレスをコピーする

続いてbinance(バイナンス)アプリを開き、トップページにある「入金」をタップします。

「BTC」を上の検索窓で検索し、タップします。

アドレスをコピーします。

④ GMOコインを開きコピーしたアドレスを貼り付ける・認証

GMOコインアプリを開き「預入/送付」をタップします。

「BTC」をタップします。

「送付」をタップし「➕ 新しい宛先を追加する」をタップします。

「名称」「先ほどコピーしたアドレス」をそれぞれ入力します。入力したら「登録する」をタップします。

メールアドレスに届いたメールに記載されているリンクをタップします。(※リンクの期限は10分です。)

「認証を完了する」をタップします。

これでbinance(バイナンス)へBTCを送金する準備が整いました。

⑤ GMOコインからbinance(バイナンス)へBTCを送付する

再度GMOコインアプリを開き、「預入/送付」→「BTC」の順にタップします。

そして「送付」をタップし先ほど登録したアドレスが表示されているのでチェックを入れます。

下にスクロールして、いくら送金するのか入力します。この時注意しなければいけないのが、送付数量の加減は1回あたり0.02BTCです。これより下回ると送付ができません。ですが、全額送付またはGMOコイン内の送付の場合は加減はありません。

なので今回は、0.02BTCを下回るので全額をbinance(バイナンス)に送金します。

「送付数量」を入力し「SMSで二段階認証コードを受け取る」をタップし、電話番号に届いた数字6桁を空欄に入力します。そして「確認画面へ」をタップします。

確認して誤りがなければ「実行」をタップします。

するとこのように表示されます。あとはbinance(バイナンス)に送金が反映されるのを待つのみです。

binance(バイナンス)への送金が完了すると、binance(バイナンス)から入金確認のメールが届きます。今回私の場合だと、入金反映までに18分ほどかかりました。

以上で、binance(バイナンス)への送金(入金)は無事完了しました。

まとめ

今回は、送金手数料が無料のGMOコインを扱いましたが、他にも国内取引所はたくさんあるので、自分が使いやすい取引所を見つけて利用していただいて全く問題ありません。

はじめて海外の取引所を利用するという方にはbinance(バイナンス)が個人的にはおすすめなのですが、日本円が使えないので、まずは国内取引所で仮想通貨を購入しbiance(バイナンス)へ送金するところから始まります。

初めての方からすると、binance(バイナンス)を利用する前にあれこれ準備しなければいけないので、戸惑う方も多いと思います。binance(バイナンスで)仮想通貨の運用を始めたい方や、独自トークンのBNBを買ってみたい方はぜひ、今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。