仮想通貨

【BINANCE(バイナンス)】買い方・売り方(トレード方法)を解説!/手数料が安くなる方法/リミット注文・マーケット注文・ストップリミット注文

binance(バイナンス)の利用者数は世界最大級の取引所であり、取扱通貨が豊富で、取引高は世界一を誇ります。仮想通貨の運用が慣れていない人から上級者まで、幅広いニーズに対応している取引所です。

これまでも積極的に事業意展開してきているので、今後もますます成長していくと期待されています。

今回は初心者の方でもわかるようにbinance(バイナンス)での仮想通貨の買い方・売り方や、手数料を安くする方法などを画像付きで解説していきます。

BINANCE(バイナンス)の登録・入金のやり方

binance(バイナンス)を利用するには、まずは登録と入金が必要です。どちらも操作手順は簡単です。

BINANCE(バイナンス)の登録

登録は5分もあれば完了します。

  1. メールアドレス入力・パスワード設定
  2. 二段階認証設定
  3. 個人情報入力・本人確認書類のアップロード

「③個人情報入力・本人確認書類のアップロード」はしなくても問題ありませんが、1日の出金額が2BTCに制限されます。大口の取引を予定している方は③まで済ませておきましょう。

登録の詳しいやり方はこちらで解説しているので参考にしてみてください。→【仮想通貨】BINANCE(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説します!

入金のやり方

binance(バイナンス)では主に3つのやり方で入金することが可能です。

  1. 別のプラットフォームで購入しておいた仮想通貨を入金する
  2. 銀行口座から法定通貨(日本円は不可)を入金する
  3. クレジットカードを使って法定通貨(日本円)を入金する

まずはページ右上にある「ウォレット」にカーソルを合わせて「ウォレット概要」をタップします。その後表示されたページある「入金」ボタンをタップします。

入金方法を選択し、あとはそれぞれ操作を進めていくと入金ができます。

ではいよいよBINANCEでの「買い方・売り方(トレード)」について解説していきます。

BINANCE(バイナンス) 買い方

今回紹介するのは現物取引での買い方です。現物取引とは「仮想通貨を購入している」もしくは「保有している仮想通貨を売却する」取引のことを言います。

買い方(トレード)では「クラシック」「アドバンス」など方法がいくつかあります。「クラシック」は初心者向けで簡単に取引ができ、「アドバンス」は分析ツールを使用しながら取引ができるので、比較的上級者向けになります。なので今回は初心者向けの「クラシック」の取引画面での解説をします。

binance(バイナンス)にログイン後、まずは見やすくするために日本語と円での表示設定を、ページの右上から行ってください。それぞれタップすると選択できます。

続いて、ページ上部の「トレード」にカーソルを合わせて「クラシック」をタップします。

すると下の画像(画面)が表示されます。

各項目の見方はこのようになっています。

  • 売り板・買い板
    いくらで仮想通貨が取引されているのかリアルタイムでの価格がわかります。
    この画像(画面)は「BTC/USDT」の画像なのですが、売り板と買い板の間の数字を見ると今ビットコインが「46.300.23 (約500万円)」くらいで取引されていることがわかります。
  • チャート
    仮想通貨の値動きを分かりやすく視覚化したものになります。
  • 注文画面
    実際に売ったり買ったりするときに使う場所です。仮想通貨を買う時は左側、売る時は右側を使います。
  • 通貨ペア
    取引したい仮想通貨を探すときに使います。検索窓で仮想通貨を入力すると簡単に探せます。
  • 成約履歴
    いつ、どれくらいの価格で取引されたのか見ることができます。

早速、取引をしていきたいと思います。今回はBNB/BTCを例にやっていきます。

まずは通貨ペアのところからBNB/BTCを検索します。

BNB/BTCのチャートが表示されます。注文画面を見てみると「リミット(指値注文)」「マーケット(成行注文)」「ストップリミット(逆指値注文)」の3つがあります。購入・売却する際はこの3つのうちどれか一つ選んで取引します。

  • リミット(指値注文)
    リミットは購入する際の希望価格と数量を自分で決めて注文するので、それにマッチした取引が他のユーザーからあったときに売買が成立します。「この値段まで下がったら、この数量で買いたい」と考える人に向いている注文方法です。
  • マーケット(成行注文)
    マーケットは市場価格で売買を行うので、希望価格は決めずに、数量だけ決めて注文します。リミットとは違いその場ですぐに売買が成立します。すぐに購入することができるので「いますぐ取引がしたい」と考える人に向いています。
  • ストップリミット(逆指値注文)
    ストップリミットは買い注文の時に「仮想通貨が○円以上になったら買う」、売り注文の時に「仮想通貨が○円以下になったら売る」と売買する価格をあらかじめ決めておく方法です。常にチャートをチェックする必要がないので時間がない方に向いています。ただリスクもあるので、初心者の方はまずは「リミット」か「マーケット」での注文になると思います。ストップリミットについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にされてください。【仮想通貨】Binance(バイナンス )の逆指値について分かりやすく解説します!逆指値注文のやり方・損切り・STOP LIMIT

この記事では、まずは取引ができるようになることを目的としているので「リミット(指値注文)」と「マーケット(成行注文)」の2通りの方法での買い方を今から解説していきます。

BINANCE(バイナンス) リミット(指値注文)での買い方

リミット(指値注文)は、希望価格と数量を自分で決めて注文する方法です。今回は「購入」なので左側の購入画面を使います。

まずは、注文方法を選択するので、購入画面にある「リミット」をタップします。

購入希望価格を決めていくのですが、価格の決め方がいまいちわからない方は、左側にある買い板を参考にしてください。現時点でだいたい「¥46,212」で取引されていることがわかります。

さらに、その下のたくさん数字が並んでいるところにカーソルを合わせると、詳しい数字が表示され、どれか一つをタップすると「購入画面」にそのままの数字が自動で入力されます。

自動で入力されるので、打ち間違いがなく安心です。

次に、金額を入力します。金額の設定価格がいまいちわからない方は、下にゲージがあるので、そこを調整して金額を設定するのがおすすめです。

「合計」の欄は「金額」を打ち込むと自動で計算され表示されます。「0.009050BTCという価格で、この金額のBNBを、0.04525000で買いますよ」ということを確認し、入力ミスなどの問題がなければ「購入 BNB」ボタンをタップします。これでまずは買い注文ができました。

買い注文を出した後に、左側の買い板を見ると自分の買い注文が表示されるようになります。(買い注文を出しただけで、購入までにはまだ至っていないです。)

これで、他のユーザーがBNBを売ってくれたら、この取引が成立します。自分の注文内容を確認したい時は下にある「オープンオーダー」から見ることができます。

BINANCE(バイナンス) マーケット(成行注文)での買い方

マーケットは市場価格で売買を行うので、希望価格は決めずに、数量だけ決めて注文します。リミットとは違いその場ですぐに売買が成立します。

手順はとても簡単です。

まず「マーケット」をタップします。

価格は市場価格での取引になるので入力する必要はありません。「合計」を入力して、すべての記入欄に誤りがなければ「購入 BNB」をタップします。

これで、BNBを購入することができました。マーケット(成行注文)はあっという間に取引成立します。

確認したい時は、リミットの時と同じように下にある「オープンオーダー」をタップすると確認することができます。

やってみると意外と簡単で、最初は恐る恐るでも大丈夫なので、ぜひ実際に操作してみてください。

BINANCE(バイナンス)でお得に取引する方法

ページの右上にある人型のアイコンをタップして「ダッシュボード」をタップします。

すると、自分の資産状況やアカウントの詳細を確認できるページが表示されます。

さらに下にスクロールすると「取引手数料レベル」という欄があります。その下にある「BNBで手数料を支払う」にチェックを入れると、本来ならば取引手数料が0.1%のところを、25%割引の0.075%で取引ができるようになります。

お得に取引をしたいという方は、binance(バイナンス)に登録後、数千円でもいいのでBNBを購入しておいて「BNBで手数料を払う」にチェックを入れておくといいと思います。

まとめ

binance(バイナンス)は、目的に合わせて取引方法が選択できるので非常に便利です。また、取引画面も見やすく操作もしやすいことから初心者の方にはおすすめの取引所だと思います。

最後に紹介したようにBNBを利用することで手数料を抑えて取引ができる裏技もあるので、ぜひ活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。