ビットコインFX

【BTCFX】仮想通貨FXの強制決済価格の計算方法は?レバレッジからロスカットを計算

今回の記事では、強制決済価格の計算方法について解説していきたいと思います。

『強制決済価格があるのは知っているけど、わざわざ計算するのは面倒でしていない。』という方が多いと思います。しかし、事前に強制価格を知ることで利食い/損切り設定を事前に行えリスク管理に繋げることが可能です。

仮想通貨FXは、レバレッジ取引を可能にすることで資金効率を上げることが可能です。その反面、レバレッジを高くすればするほどロスカットがされやすくなります。

タイミングが悪ければ注文を発注した数秒でロスカットされてしまう場合もでてきます。そのため、事前に計算し強制価格を知っておくことでチャートと照らし合わせて注文を出すタイミングが決めやすくなります。

自分の資金を守る手段の一つとして、是非最後まで読んで頂ければと思います。

仮想通貨FXの基礎知識:レバレッジ・ロスカットとは?

バレッジ取引とは、自分の資金を担保に数倍〜数十倍の取引を可能にします。

(例)1万円(運用資金)×レバレッジ100倍=100万円

レバレッジをかけることで100万円分のポジションを、1万円の資金で持つ事が可能です。

仮想通貨取引所によってレバレッジの振り幅は異なります。
(日本の取引所は最大2倍・海外は最大888倍)

ロスカットとは「強制決済価格」のこと

レバレッジ取引を行う際『ロスカット』という用語をよく聞くと思いますが、強制決済価格を意味しています。

Binanceは、右下に清算価格(強制決済価格)が表示されています
Bybitは、右下に強制価格が表示されています。

なぜ「ロスカット」が行われるのか

ロスカットとは、取引所が設定している証拠金維持率を下回ると保持しているポジションが強制的に自動で決済される制度です。

強制的に取引を終了させられてしまう(ロスカット)と聞くとどこか悪いイメージがありますが、自分の資金をこれ以上失わない制度でもあります。

自分が取引口座に入れた資金に対して、損失が拡大しすぎないように『ロスカット』により強制決済される仕組みになっています。そのため、『ロスカット』が行われる意味としては損失の拡大を一定におさめる保護対策になると考えます。

仮想通貨FXでのレバレッジとロスカットの関係

上記でお伝えしたように、証拠金維持率を下回るとロスカットが実行されてしまいます。

証拠金維持率の計算方法

証拠金残高(口座資金ー損失額)÷必要証拠金(ポジション÷レバレッジ数)×100

=証拠金維持率

証拠金維持率はこのように求められる為、自分が設定する『レバレッジ』によっても『ロスカット(強制決済価格)』は変化します。

また、レバレッジを設定する際『分離マージン』『クロスマージン』の選択が求められます。

分離マージンの場合:自動的にロスカット価格が決まる

レバレッジ取引の分離マージンとは?

証拠金の一部のみをポジションに利用します。

強制決済時には、初回の証拠金と保持しているポジションに後から追加した証拠金のみが失われます。

分離マージンの場合注文時の証拠金に応じてロスカット価格は自動的に決まります。

ポジションに利用される証拠金は、トレーダーの口座残高から分離される機能です。

クロスマージンの場合:口座残高に応じてロスカット価格が決まる

レバレッジ取引のクロスマージンとは?

証拠金口座内の利用可能残高すべてをポジションに利用します。

強制決済時には、利用可能残高すべてが失われます。

クロスマージンの場合ロスカット時の口座残高に応じてロスカット価格が決まります。

ポジションに利用される証拠金は、自動的にトレーダーの口座から補充される機能です。

補足:レバレッジ1倍の場合はロスカットが存在しない

レバレッジ取引では、このようにレバレッジ1倍での取引も可能です。

1BTC=$50,000の際にレバレッジ1倍でポジションを保有したとします。

証拠金維持率の計算方法に当てはめると、100%損失(ロスカット)になる場合1BTC自体に価値が全くない事を意味します。

そのため、BTC自体がなくならない限りレバレッジ1倍の取引ではロスカットは存在しないと言えるでしょう。

仮想通貨FXのロスカット計算方法のまとめ

ロスカット(強制決済価格)は、仮想通貨取引所によって定められている証拠金維持率によって求めることが可能です。証拠金維持率は取引所によって異なりますので、ご自身が利用している取引所のガイドラインを事前に確認することをおすすめします。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。