ビットコインFX

bybit(バイビット)のレバレッジと設定方法についてわかりやすく解説します。(レバレッジ100倍/メリット・デメリット/画像付き解説)

bybit(バイビット)は、最大で100倍のレバレッジをかけることができることから、少ない資金で多くの利益を得ることができ、いま最も注目されている仮想通貨取引所です。

仮想通貨FXに特化した新しいタイプの取引所となっており、bybit(バイビット)で取り扱われている全ての仮想通貨でレバレッジ取引ができます。

ただ、海外の取引所ということもあり、レバレッジの使い方や設定方法に不安を抱いている方も少なくはありません。

そこで今回はbybit(バイビット)のレバレッジについて、画像を交えながら分かりやすく解説していきます。

そもそもレバレッジとは?

レバレッジとは、取引所に証拠金をあずけ、決まった倍数分を予算が取引ができるようになる仕組みのことを言います。仮想通貨に限らず株式やFXなどの世界など、トレード分野で採用されている仕組みです。

利用できるレバレッジ(倍数)とは各取引所によって異なりますが、日本の国内取引所では最大4倍までと決められています。これが海外取引所の場合だと、最大レバレッジの上限がないので、2桁、3桁の倍数を設けているところもたくさんあります。

bybit(バイビット)はその中でも、最大で100倍のレバレッジをかけらるので、少ない資金でもたくさんの利益を狙えるので、今とても注目されています。

ただ、それだけ大きなレバレッジをかけられるということはハイリスク・ハイリターンであるとも言えるので、利用するにはメリット・デメリットを把握しておく必要があります。

bybit(バイビット)のレバレッジを利用するメリット

レバレッジを利用すれば、少ない資金で大きな利益を狙うことができます。

レバレッジを利用せずに普通に取引をするとなると、仮に予算が1万円だった場合は1万円のみでの取引になりますが、10倍のレバレッジをかければ10万円分の予算で取引ができるようになります。

特にbybit(バイビット)は最大100倍までレバレッジをかけることができるので、証拠金が1万円だけだとしても、レバレッジが100倍なら100万円の予算で初めから取引をすることができ、うまくいけば多額の利益を生み出すことができます。

また、持っていない通貨を売る「空売り」という方法で取引を行えば、相場が下落していても利益を生み出すことができるので、そうなると値上がり・値下がりの両方で利益を生み出すことが可能になります。

bybit(バイビット)のレバレッジを利用するデメリット

レバレッジは大きな利益を狙える分、損失も大きくなりやすいです。一攫千金狙いで高いレバレッジをかけて、相場が下落すれば大損する可能性は十分あります。

特に仮想通貨は市場の変動が激しいので、高いレバレッジで取引するとロスカットになるリスクも高くなります。(ロスカット … 一定の水準以上の損失が発生した場合に、さらなる損失の拡大を防ぐため、取引所側で自動的に強制決済すること)

また、ポジションをもっていると「スワップポイント」が発生するので、長期保有にあまり向いていません。(※スワップポイント … 仮想通貨を保有し続ける際の手数料のようなもの)

こういったことから、「取引の損失が口座の何%に達したら損切りする」「損失が何%に達したらその日は取引しない」など、本人が抱えられるリスクを考慮して、あらかじめルールを決めておくなどしましょう。

特に高いレバレッジをかける場合、ハイリターンを狙える一方で大損する可能性もあります。仮に大損したとして、その損失を取り返そうと無理な取引を重ね、余計に損失が膨らんでしまったということがないように、自分でルールを決めておくことを勧めします。

必要証拠金と維持証拠金の違い

レバレッジを利用すなら「必要証拠金」と「維持証拠金」について理解しておくことが必要です。

必要証拠金とは?

ポジションを持つのに必要な証拠金のことです。ポジションサイズとレバレッジの大きさによって異なります。

必要証拠金 = 契約サイズ × 参入価格 ÷ レバレッジ

維持証拠金とは?

ポジションを維持するために必要な最小額を言います。ロスカット の基準となる数字です。

維持証拠金 = ポジション価格 × 支持証拠金率

大きなレバレッジを利用すると、その分多くの必要証拠金が必要となり、ロスカット になる可能性が高まります。

bybit(バイビット)のクロスマージンと分離マージン

レバレッジには「分離マージン」と「クロスマージン」の2種類があります。

それぞれ資金の運用方法が違い、利益を大きく狙うならクロスマージン、リスク管理を重視して運用するなら分離マージンがおすすめです。

クロスマージン

証拠金の全額を取引に使用するので、利益を最大化させたい人に向いています。

ただ、倍数が大きいほど少しの値下がりでもロスカットに繋がりやすく、全ての証拠金を失うこともあります。なので損失リスクを考えて取引することが大切です。

また、bybit(バイビット)では、独自の基準を用いてロスカットを行なっています。レバレッジの倍数によってロスカットの基準となる価格も変わるので注意が必要です。

分離マージン

証拠金の一部を使って取引する方法です。口座に預けた資金の一部を温存することができるので、仮に強制的にロスカットになっても、温存している分の資金は残すことができます。なので、レバレッジ取引にまだ慣れていない方におすすめです。

bybit(バイビット)では、ゲージや手動入力を使って、レバレッジを1〜100倍まで細かく設定することができるので、自分のレベルや資金状況に応じて取引を行うことができます。

加えて、分離マージンではbybit(バイビット)での契約の種類や保有しているポジションによって、ロスカットの基準となる価格が異なります。

bybit(バイビット)のレバレッジ設定方法

bybit(バイビット)のレバレッジは、注文画面から簡単に設定することができます。

ログイン後、すぐに取引画面が表示されます。

取引画面の右側に「クロス/100.0」というボタンがあるのでどちらかをタップします。すると中央に詳細を設定する画面が表示されるので、「どのマージン取引にするのか?」「レバレッジの倍数」を選択し、内容に間違いがなければ「確定」ボタンをタップします。

以上で操作完了です。

補足

bybit(バイビット)では、一度設定したレバレッジを途中で変更することができるので、利益を大きくしたり、損失を少なくしたりすることができます。

ただし、レバレッジの倍数を変えるとロスカットの基準も変わってくるので、それを踏まえた上で変更しましょう。

まとめ

  • レバレッジを利用することで、少ない資金で大きな利益が狙える
  • レバレッジが大きいほど、損失は大きくなる
  • bybit(バイビット)でのレバレッジは最大で100倍(取引する仮想通貨による)
  • レバレッジには「クロスマージン」と「分離マージン」の2つがある
  • 初心者には「分離マージン」がおすすめ
  • レバレッジは途中で変更することができる

bybit(バイビット)の1番の魅力といえば、やはりレバレッジを最大100倍まで利用することが可能なところです。そのため少ない資金でも大きい利益を狙うことができます。ただし、高いレバレッジを利用するれば損失も大きく出やすいので、注意が必要です。

自分のレベルや資金状況に応じて取引するようにしましょう。興味がある方はぜひ一度試してみてください。最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。