MENU
Bybit(バイビット)

【初心者向け】Bybit(バイビット)で取引!現物取引・レバレッジ取引の使い方・注文方法を徹底解説

今回の記事では、仮想通貨取引所の一つである『bybit』について紹介したいと思います。

Bybitは仮想通貨のデリバティブ取引が利用できる取引所の中で世界3位の取引量の多さです。仮想通貨でレバレッジ取引ができるサービスは為替FXよりも少なく、移り変わりが激しい中でbybitはかなり使いやすいサービスです。

国内のレバレッジには2倍までと規制がありますが、bybitでは最大100倍と海外のデリバティブ取引所特有の高レバレッジの利用ができるので資金効率を上げることも可能です。

また、2021年7月15日より新サービスとして現物取引が可能になり、11月現在取引できる通貨は当初よりかなり増えてきています。

『仮想通貨FXを聞いたことはあるけど利用していない』『bybitの現物/レバレッジ取引の方法が知りたい』『bybitの取引画面を見たい』という方は是非最後まで読んでいただければと思います。

【無料】ここから登録してBybit(バイビット)の初回入金ボーナスを受け取ろう!

Bybit(バイビット)とは

bybitは2018年に設立し、現在は世界250万人以上に利用されている大手取引所です。

日本でも多くの方に利用されている『bybit』ですが、レバレッジを活用して仮想通貨取引を始めたいたいという方には特におすすめです。

会社名Bybit Fintech Limited
所在地シンガポール
スマホアプリスマホ対応
入金可能通貨BTC/ETH/BNB/USDT/ADA/DOGE/XRP/DOT/UNI/XTZ
BCH/LTC/SOL/LINK/MATIC/ETC/FIL/EOS/AAVE/SUSHI/XEM
取引方法FX/現物
レバレッジ最大25倍・50倍・100倍(通貨に応じて異なります)
公式TwitterBybit
公式サイトURLBybit
※お問い合わせは日本語に対応しています。

bybit(バイビット)アカウント作成方法

bybit(バイビット)ではじめにすることは、Bybitのアカウントの作成になります。

操作時間は3分ほどで、スマホからでもスムーズに作成することが可能になっています。

上記ボタンよりSignUp画面にて操作していきます。

  1. アドレス
  2. パスワード
  3. 同意にチェック

この3つを入力しおわると、Bybitから認証メールが届きます。

そちらに数字6桁のコードが記載されているため、認証画面に入力して口座の開設を行ってください。

日本語表記に変更したい場合

スマホの場合左上のメニューをタップします。
※パソコンの場合は右上をタップです。

タップ後言語の選択が一覧で出るため、そちらで日本語に変更が可能になります。

bybit(バイビット)入金方法

※追記情報(上記ブログが入金に関して『2021年最新情報』となっています。)

アカウントが開設することができたらbybitのウォレットに運用資金を準備します。

Bybitは銀行振り込み・クレジットカードにも対応しているため、他で通貨を買いこちらのウォレットアドレスに送金するという手間が無いため簡単に取引に参加することが可能です。

最小額の指定がそれぞれありますので、利用する前にご確認ください。

購入手順まとめ
  1. 資産をタップ:スマホアプリでは画面右下に資産があります。パソコンの場合は、右上にあります。
  2. 同意をタップ:XRPとEOSの場合だけ同意画面が表示されます。詳細は利用する際確認してください。
  3. 通貨の購入:他で通貨を持っている場合はこちらに表示されているウォレットアドレスに送金してください。ない場合は下にある暗号資産の購入から進んでください。
  4. 支払いの選択:支払いと受け取りの通貨を選択し購入ボタンで進みます。

※一回の購入限度額が決まっているため確認ください。

入金キャンペーン

現在Bybitでは、新規登録&入金したユーザーを対象にキャンペーンを実施しています。

詳しい詳細については、公式サイトログイン後Bybitブログで確認ができます。この記事をみている方は対象になると思うので、是非受け取っていただければと思います。

その他にも、キャンペーンがいくつかありますので利用される場合下記ブログからお得な情報をゲットしてください。

bybity(バイビット)使い方

  • bybit(バイビット)のお問い合わせ
  • bybit(バイビット)のチャート見方
  • bybit(バイビット)のレバレッジ設定
  • 補足:bybit(バイビット)の取引手数料

bybitのそれぞれの使い方を紹介していきたいと思います。

bybit(バイビット)のお問い合わせ

Bybitでは、日本語でのお問い合わせに対応しています。

もしサポートに問い合わせしたい場合は、画面右上(スマホ)からお問い合わせください。パソコンの場合は、画面右下にサポートボタンが表示されています。

bybit(バイビット)のチャート見方

チャートの確認方法は2パターンあります。

初心者の方でも非常に操作がしやすい画面になっています。

利用しながらご自身に合わせて利用してみてください。

チャートの設定に関しても調べながら自分に合わせてカスタマイズしてみてください。

bybit(バイビット)のレバレッジ設定

bybitのレバレッジは最大25倍・50倍・100倍の3パターンになっています。それぞれの通貨によって、可能なレバレッジ範囲が異なるのでログイン後確認してみてください。

分離マージン:ポジションに利用される証拠金は、トレーダーの口座残高から分離される機能です。

クロスマージン:ポジションに利用される証拠金は、自身の口座残高の全てが保有ポジションの証拠金として自動的に補充される機能です。

※レバレッジを行う際ロスカットに気をつけてください。より詳しいレバレッジの設定については下記を参考にしてください。

bybit(バイビット)の取引手数料

bybit(バイビット)の取引手数料は指値注文の場合手数料が逆に受け取る事が可能です。他の取引所と比較しても比較的お得な取引が可能です。

契約(レバレッジ)取引:指値ー0.025%/成行0.075%

現物(スポット)取引:指値0.1%/成行0.1%

その他にも、Bybit(バイビット)では手数料が発生します。見落としがちな手数料についてやより詳しい運用手数料に関しては下記を参考にしてください。

Bybit(バイビット)取引方法

bybitでは、取引方法が2つあり現物取引とレバレッジ取引があります。

それぞれの操作方法について紹介していますが、注意点等も記載していますので、最後まで読んでいただきトレードを行う際に参考にしていただければと思います。

取引を行う際にまずは運用資金をBybit(バイビット)の口座に入金する必要があったかと思うのですが、一点現物運用を始める前に確認してほしいのが、現物の方に資金があるかどうかということです。

bybitのウォレットですが、デリバティブ取引と現物では同じ財布の状態ではない為、現物取引を行う際はデリバティブアカウントから現物の口座に移すかByFiアカウントから振替をおこなう必要があります。

入金の際に資産の自動送金先として、『デリバティブアカウント/現物アカウント』の選択を行えるのでどこで運用がきまっているか決めている場合は入金する際に指定することをおすすめします。

bybit(バイビット)の現物取引とは??

仮想通貨取引においてもっともオーソドックスな取引方法が現物取引です。

現物取引とは>>買い手売り手の間で仮想通貨同士の交換を行う事です。

(例)BTC/USDTのペアの取引を行いたいとします。

買いの場合:ユーザーは1BTCを買う為に何単位かのUSDTを支払う必要があります。

売りの場合:ユーザーは、1BTCを売ることで何単位かのUSDTを得ることができます。

bybit(バイビット)現物取引のやり方

現在ユーザーはメイカー手数料なしで現物取引をすることが可能です。

取引可能通貨ペアは、BTC/EOS/ETH/XRPの4つの通貨になります。

※追記『11月現在bybit(バイビット)の現物可能通貨はUSDT建てが約65通貨・BTC建てがETH−BTC/XRP−BTCの2通貨です』

テイカ−手数料:0.1%   メイカー手数料:0%

他の取引所と比べるとお得に購入することが可能になっています。※期間あり。

トレード方法

Bybitスマホアプリから実践していきたいと思います。

現物をタップして左上の二本線をタップし、取引通貨の選択を行います。

USDT/ BTCから選び、注文方法の選択をします。

『指値/成行/条件付き』から選びますが、選択後の入力項目はそれぞれ異なりますので利用しながら確認ください。価格/数量を指定したら『買い/売り』でオーダーを出します。

現物取引方法まとめ
  1. トレード方法の選択:現物をタップ。
  2. 取引通貨の選択:左上の二本線をタップ。
  3. 注文方法の選択:指値・成行・条件付きから選びます。
  4. 価格の指定:成行注文の場合は不要です。
  5. 数量の指定:利用可能範囲で決めていきます。

以上が取引方法の入力の流れになります。

キャンペーン

現物取引のリリースと同時にこんなキャンペーンが開催されています。

期間が設けられているので、是非興味がある方は詳細を確認の上キャンペーンを活用してみてください。

bybit(バイビット)現物取引で注意したいこと

Bybit(バイビット)では、世界的に見てもデリバティブ取引所として高い流動性とスプレッドの薄さからの信頼性があります。

この中での現物取引リリースはとても初心者の方にも利用しやすくなった取引所だと感じます。しかし、現物取引の手数料『無料』には期間が設けられています。

イベント期間:イベント期間中、メイカー手数料は0%です。

このイベントは、2021年12月1日10AM UTC(日本時間午後7時)に終了します。

bybit公式

そのため、12月1日からの手数料はメイカー/テイカー共に0.1%になります。

現物取引の手数料が『無料』というのは、イベント期間だけであることは知っておくことをおすすめします。

bybit(バイビット)の現物取引とレバレッジ取引の違いは??

現物取引とレバレッジ取引の大きな違いは、『暗号資産を保有するか・しないか』になります。

現物取引については先程紹介した通り、通貨を交換することで利益を生み出します。

レバレッジ取引の場合実際に暗号資産を保有するわけではなく、自分の資金を担保にして元金の数倍から数十倍の取引が可能です。仮想通貨市場の今後の値動きを予測し売買を行い利益を生み出す取引方法です。

そのため、レバレッジを利用することで小さい資金でも運用することができます。

bybit(バイビット)レバレッジ取引のやり方

仮想通貨にレバレッジ(最大100倍)をかけて取引をすることが可能です。

デリバティブ取引は3パターンあります。①インバース無期限②USDT無期限③インバース型先物それぞれ取引できるペアが異なるので利用する際は確認してください。

無期限契約とインバース型先物の大きな違いは資金調達率(ファンディングレート)が発生するかしないかということになります。

インバース型先物は発生しない為、長期運用におすすめかも知れません。

トレード方法

Bybitスマホアプリから実践していきたいと思います。

契約からレバレッジ取引を行う事ができ現物同様に、左上から運用通貨の選択を行います。

クロス・分離マージンどちらかを選択しレバレッジの指定をしてください。

注文方法と数量・価格を入力し『買い/売り』でオーダーが終了になります。

レバレッジ取引方法まとめ
  1. トレード方法の選択:中央にある契約をタップします。
  2. 取引方法の選択:画面左上の二本線をタップ3パターンのデリバティブ取引が表示されています。
  3. 取引ペアの選択:今回はUSDT無期限ETHでトレードしていきます。
  4. レバレッジの調整:分離マージン・クロスマージンどちらかを選択しレバレッジの指定を行ってください。
  5. 注文方法の選択:参入注文(指値・成行・条件)・決済注文(指値・成行)がありますが、今回参入の成行注文でポジションを持ちたいと思います。
  6. 注文価格の選択:数量を指定します。利用可能額を確認しながら数量を決めてください。
  7. ポジション所持:買いで参入するのか売りで参入するのかを決めタップでポジションを持ちます。(上がると予想する場合は『買いで参入』下がると予想する場合は『売りで参入』

※契約数量を入力すると利食い・損切りを設定することが可能になるので、個人的にはそちらも合わせて設定しておくことをおすすめします。

利確方法

利確の操作方法は簡単ですが、タイミングは難しいでしょう。

『利確するのが早すぎた』『利確のタイミングを逃した』これは利確後基本的にでてくる感情だと思います。感情で運用しない為にも、利食い/損切りラインを予め決めておくのがおすすめです。

決済から利確することが可能です。

利食い/損切りにて利確する場合は『決済』の横にある設定から入力してください。

利確方法まとめ
  1. 決済をタップ:スマホアプリの場合、画面右下。
  2. はいをタップ:スマホアプリの場合、画面下。

※強制決済価格が決まっているため頭に入れておきましょう。

bybit(バイビット)レバレッジ取引で注意したいこと

bybit(バイビット)の分離マージントレードでレバレッジ取引を行う場合、手数料は決済後に反映されるためプラスで利確したはずなのに実現損益で損失になっている、、、ということがあります。

そのため、個人的なおすすめとして『未実現損益はドル換算の数字を把握する』ということです。

実現損益の計算>>ポジションの損益ー参入取引手数料ー決済取引手数料ー資金調達料

  • 参入取引手数料
  • 決済取引手数料
  • 資金調達料

この3つの手数料を引かれたものが自分の利益/損失になります。

利確したタイミングで自分の損益から引かれるので、未実現損益はただの見積もりの段階であって実際の利益・損失を意味するものではないです。

実現損益の計算方法を知ることで、利幅をとって利確しないと行けない事が分かります。

ではどれくらい利幅をとる必要があるのか?その判断基準として確認する際、損益の比率%(割合)をみて利確するのは注意が必要です。

レバレッジを増やした場合この%(割合)が増えますが、利益・損失がふえているわけではありません。利益と損失はポジションの数量と価格の動きによって決まるからです。

注文数量レバレッジ倍率証拠金
1BTC1倍1BTC
1BTC2倍0.5BTC
1BTC10倍0.1BTC
1BTC100倍0.01BTC

上の表のように、注文数量は自分で直接入力するためレバレッジによって変動するのは証拠金です。

損益の絶対量(ドル換算)は「数量」によって変動しますが、損益の比率%(割合)は「証拠金」を元に計算しています。

1BTC持っていて100ドル上がった場合、100ドルが利益になります。(絶対量)

しかし、100ドルによる利益率は「いくら証拠金を使っているか」によって変わります。上の表で見ると、証拠金が1BTCの場合と0.01BTCの場合で、損益の比率%は100倍変わるということです。

つまり、利幅の判断基準としては未実現損益のドル換算の数字がいいです。

bybit(バイビット)の取引・注文方法まとめ

Bybitでは、初心者でも比較的簡単にスマホアプリからでも仮想通貨FXに参加することが可能になっています。リスクを伴うものになっていますので、やる際は公式サイトを確認の上ご参加ください。

イベント情報・キャンペーン情報・Bybitの最新情報に関しては、公式Twitterの方で紹介しているのでこちらもチェックすることをおすすめします。

現物・レバレッジ取引共にリスクはあります。利用される場合、まずは余剰資金から利用されることをおすすめします。

最後まで読んで頂きありがとうございます!!

【無料】ここから登録してBybit(バイビット)の初回入金ボーナスを受け取ろう!

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。