MENU
ビットコインFX

【戦略】仮想通貨取引の現物取引とFX取引の違いとは?証拠金取引(ビットコインFX)・メリット・デメリットについて解説します。

今回の記事では、『現物取引とFX取引の違い』について解説していきたいと思います。

主要な取引である現物取引と、最近利用者が増加しているビットコインFXは仮想通貨の取引という点は同じですが取引方法は異なります。そのため、この図からも分かるように利幅の大小も異なります。

仮想通貨の相場は非常に値動きが激しい為、初心者の方はリスク管理という点においてこの取引の違いを理解し運用を始めていくことが大切になります。

自分にあった取引方法をみつけられるように、この記事が参考になれば嬉しいです。

仮想通貨ビットコインFX・証拠金取引とは?

ビットコインFXとは>>>証拠金取引・レバレッジ取引とも呼ばれています。今後の値動きを予測し変動した差額分が利益となる取引になります。

レバレッジをうまく活用することで、少額の資金でも運用することが可能になります。

ビットコインFXについてより詳しくしりたいと言う方は、下記記事を参考にしてください。

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXの主なメリットは2つです。

  • 売り注文が可能
  • レバレッジをかけることが可能

BTC(ビットコイン)FXでは、売り注文を出すことができます。これにより、下落相場でも利益を出すことが可能な為効率よく資金を運用していくことが可能です。仮想通貨の相場は、レンジ相場が8割と言われている為、BTC(ビットコイン)FXを活用し売り注文(ショート)でトレードするのも一つの手段です。

BTC(ビットコイン)FXでは、レバレッジ取引が可能です。その為、自分の手元にある資金以上の取引が可能になり少額でも運用することが可能です。取引上によってレバレッジの幅は異なりより大きい取引がしたい場合は、国外の取引所をおすすめします。個人的には、BinanceBybitが利用しやすく携帯アプリも対応しているため外出中でも安心して運用が可能です。

ビットコインFXのデメリット

ビットコインFXの主なデメリットは2つです。

  • 取引コストがかかる
  • ロスカットされる可能性がある

BTC(ビットコイン)FXでは、様々な手数料がありレバレッジ手数料・スプレッド手数料など運用していく上で大きいコストになってしまう場合があります。手数料含め利益幅を考え運用する必要があります。

BTC(ビットコイン)FXには、ロスカットというポジションが自動で決済されてしまう制度が存在します。損切りラインには、十分注意して証拠金維持率に余裕のある取引をおすすめします。

仮想通貨ビットコインの現物取引とは?

現物取引とは>>>自分の資金内のみで売買が可能です。

FXに馴染みのある方は、「レバレッジ1倍」と考えるといいです。

自分の資金内のみの運用になるので、100万円の資金があったとしたら購入できるのは100万円分までです。

また、現物取引で購入することができた通貨はそのまま利用することが可能です。そのため、換金をイメージしていただくのがいいと思います。購入した通貨は、自分の資産になるため他のウォレットや取引所に送金することも可能になります。

現物取引のメリット

現物取引の主なメリットは2つです。

  • ポジションコストがかからない
  • 通貨を送付や決済することができる

BTCFXで紹介したように、ポジションを保有するたびに発生するコストが現物取引ではありません。そのため、余分なコストが発生しないので長期保有したい方は現物取引がおすすめです。

現物取引で購入した通貨は、そのまま資産として利用が可能です。BTC(ビットコイン)FXでは、購入後送付したりサービスの購入などは利用することができないです。そのため、資産として保有することができる点はメリットに感じます。

現物取引のデメリット

現物取引の主なデメリットは2つです。

  • 売り注文ができない
  • 自分の資金内のみの運用

現物取引の利益の出し方は、安く買って高く売る事です。レンジ相場の多い仮想通貨の市場では、すぐ利益に直結することが少ないかもしれません。長期的に、リターンを狙うという点で安全的に運用したい人におすすめします。

現物取引は、自分の資金内のみで購入が可能です。そのため、初期費用という点においてそれなりに資金が必要になります。資金効率という点では、BTC(ビットコイン)FXを活用することをおすすめします。

仮想通貨ビットコインの現物取引とFX取引の違い

ビットコインFXと現物取引の大きい違いは3つです。

  • 売り注文(空売り注文)が可能かどうか
  • レバレッジを活用できるかどうか
  • 通貨を保有できるかどうか

仮想通貨は現物取引がおすすめ

現物取引では、売り注文/レバレッジを利用することが出来ませんが通貨を資産として保有することができます。そのため、現物取引で得た資産を違う方法で運用していくことも可能になります。

ビットコインFXのようなロスカットも存在しないので、メリットでも説明したように長期的な運用をしたいという方やある程度余剰資金がある方にはおすすめです。

仮想通貨はビットコインFXがおすすめ

ビットコインFXでは、通貨を保有することはできないですが下降相場でも利益を作ることができるので安く買って高く売る方法のみの現物取引より取引チャンスを多く作ることができます。

レバレッジを活用することで少ない資金でも運用することができるので資金効率を上げた運用をしたい人にはおすすめです。しかし、取引手数料やロスカットなど資産を失ってしまう可能性は高いのでリスク管理を徹底とした運用が必要です。

まとめ

現物取引・ビットコインFX共に良い点とリスクが必ず存在します。

自分のリターンが1年後なのか、2週間後なのか目的に合わせて短期で利益を出したいのか、長期的に運用を行いたいのか、時間的な部分で取引方法を選択するのもいいでしょう。

少額で運用したい方や生活リズムに合わせた運用がしたい方など、自分にあった運用方法にあわせて取引方法を活用してみてください。

BTC(ビットコイン)FXを始めてみたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。