仮想通貨

【仮想通貨】BINANCE(バイナンス)の「空売り」の仕組み・やり方をわかりやすく解説!(空売りとは?/ショート/マージントレード)

今回はBINANCE(バイナンス)での「空売り(ショート)」の仕組みや、やり方について解説していきます。

空売りの仕組みとやり方を理解できるようになれば、価格が下落した時にも利益を出すことができ、一般的な取引よりも効率的に稼ぐことが可能です。

操作自体はとても簡単で、すぐに初心者の方でもできるようになります。今回は仕組みや、やり方以外にメリットなどについても解説を加えていくので、全て読んだ上でぜひ活用してみてください。

BINANCE(バイナンス)・空売りとは?

空売りとは、仮想通貨相場の下降で利益を得る取引方法です。空売り以外に、ショート注文・ショートとも言います。

ちなみに、ショート=空売り、ロング=買い注文を意味します。

空売りのやり方を簡単に説明すると「仮想通貨を持っていない状態で売り注文を出す」という方法で利益を出していきます。「なぜ仮想通貨を持っていないのに売り注文が出せるの?」と疑問に感じる人もいるかもしれません。

一般的な売り注文だと、売る分の仮想通貨を持っていなければいけないのですが、空売りは、先に証拠金を預けることで仮想通貨の保有有無に関わらず売り注文が出せるようになります。

例えば、1BTC=600万円の時に1BTC分の空売りをするとします。

その後、BTCの価格が1BTC=570万円になったタイミングで買い戻した場合、差額である30万円が利益となります。

BINANCE(バイナンス)空売りのやり方

binance(バイナンス)には様々な取引方法がありますが、空売りできるのは「マージントレード(マージン取引)」のみです。

マージントレードとは?

証拠金取引のこと。信用取引とも言う。
仮想通貨でのマージントレードには「クロスマージン」と「分離マージン」の2種類がある。

「クロスマージン」… 証拠金を全て使う方法。ポジションを長く持ちたい場合に向いている。

「分離マージン」… 証拠金を限定して使う方法。早く損損切りしたい場合に向いている。

では早速、binance(バイナンス)での空売りのやり方を解説していきます。

手順としては

  1. マージン口座への振替
  2. 借入申請
  3. 注文内容の入力・空売り完了
  4. 購入(買い戻す)・返済申請

となります。

1. マージン口座への振替

まずログイン後、トップページにある「トレード」にカーソルを合わせ「マージントレード」をタップします。

すると下のようなページが表示されます。

赤枠の取引画面をよく見てみると「担保の振替」と表示されているので、そこをタップします。

振替先の口座は「クロスマージン」を選択し、振替する仮想通貨と金額を入力します。内容に誤りがなければ「確認」をタップします。

2. 借入申請

取引画面の右上にある「借りる」をタップします。

借入したい通貨と金額を入力したら「借入承認」をタップします。

3. 注文内容の入力

借り入れが承認されたら、売り注文を出します。

「マージン」「取引方法」を選択したら、右側の売却画面の「借りる」をタップします。その後、注文方法に沿って数量・金額を入力し、最後に「売却〇〇」をタップします。

以上で空売りの操作が完了です。

続いて、損益を確定させたい時の買い注文のやり方を解説していきます。

4. 購入(買い戻す)・返済申請

損益を確定したいとき(買い戻すとき)は購入を行います。

まずは「返済申請」から行います。

借入申請した時と同じように、取引画面右上にある「借りる」をタップします。

「返済」をタップします。その後通貨を選択し「返済承認」をタップします。

その後、各項目を選択・入力して、最後に「購入〇〇」をタップして買い注文を出します。この時ちゃんと「返済」を選択しているか確認してください。

BINANCE(バイナンス)で空売りするメリット

空売りができる取引所はたくさんありますが、binance(バイナンス)はその中でも空売りするには使いやすい取引所だと考えます。

理由としては3つです。

  • 追証がない
  • レバレッジを利用できる
  • サポートが充実

1. 追証がない

binance(バイナンス)では、取引の途中で追加証拠金を請求されることがありません。

さらに、ゼロカットシステムを採用しているので、損失が証拠金を上回ることがありません。(ゼロカットシステム…ロスカットが間に合わず、その損失分を業者が負担して口座残高をゼロにしてくれるシステムのこと。海外FXだけに導入されている。)

なので、借金の心配をしなくていいということになります。これなら初心者の方でも空売りに挑戦しやすいと思います。

2. レバレッジを利用できる

binance(バイナンス)では、空売りでレバレッジを利用することができます。

クロスマージンでは最大3倍、分離マージンでは最大10倍と若干低めです。ただ、レバレッジが大きいほど損失も出やすくなるので、初めて空売りする人にはちょうどいいかもしれません。

3. サポートが充実

わからないところがあった時、binance(バイナンス)のFAQページでやり方などを確認することができます。

海外取引所の利用が初めての方でも、日本語対応しているので、安心して使うことができます。

BINANCE(バイナンス)空売りの注意点

空売りを実際にする前に、注意点も知っておくことが大切です。

  1. 利子がかかる
  2. 損失が無限に増える可能性がある
  3. 損失が出やすい

1. 利子がかかる

binance(バイナンス)では、1時間ごとに利子が発生します。

利率は空売りする仮想通貨や、VIPレベルによって変わりますが、BTC(ビットコイン)だと0.00125%です。

なぜ利率が発生するかと言うと、空売りするときは現物がないので一時的に現物を借りている状態になります。なので、購入までの期間に応じて利子を払うことになっています。

このことから、空売りするときは相場を見てから、確実性がある時に短期間で行う方がおすすめです。

2. 損失が無限に増える可能性がある

空売りというのは、空売りした際の価格が利益の上限です。100円で空売りした場合、利益は最大100円です。

ですが、仮想通貨が値上がりすれば損失は無限です。

3. 損失が出やすい

binance(バイナンス)では最大10倍のレバレッジを利用できますが、先ほども言ったように、レバレッジが大きいほど損失も出やすくなります。

そもそも、仮想通貨の相場自体が上昇よりも下降のスピードが速いので、レバレッジを利用せずに空売りしたとしても、現物取引よりもリスクは高くなります。

まとめ

  • 空売り(ショート) = 先に売ってあとで買い戻すこと。仮想通貨の相場の下落で利益を出す取引方法
  • 先に証拠金を預ける必要がある
  • 利子がかかる
  • 現物取引に比べて損失が出やすい
  • BINANCE(バイナンス)で空売りができるのは「マージントレード」

初めての方は難しく感じるかもしれませんが、操作自体は簡単です。買い注文と空売りをうまく使い分けられるようになると、相場の上昇と下降の両方で利益を出せるようになるので、興味のある方はぜひ一度試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。