仮想通貨

【仮想通貨】デイトレードとは?初心者こそ覚えておきたいトレード方法を徹底解説していきます。

今回の記事では、トレード方法の一つであるデイトレードについて紹介していきたいと思います。

仮想通貨のトレード方法は様々あります。取引期間や取引回数によっても区別されており、相場にあわせて取引方法を変えていくのも一つの手段だと思います。

なんとなく始めたけど、どんな手法があるか勉強したい!そんな方は最後まで読んでいただければと思います。

デイトレードとは?

デイトレードとは、一日のうちにポジションの売買を終わらせる事を言います。

その他にも、スキャルピングトレード/スイングトレード/長期トレードと期間でトレードする手法があります。この中にデイトレードがあり次の日にポジションを保有することなく、利確を終える方法の一つです。

スキャルピングポジション保有時間数秒〜数分。取引頻度多い。

デイトレードポジション保有時間一日以内。取引頻度やや多い。

スイングトレードポジション保有時間1週間以内。取引頻度やや少ない。

長期トレードポジション保有時間一週間以上 。取引頻度少ない。

デイトレードのメリット

リスクを抑える事ができる。

『おはぎゃー』という業界用語があるように、仮想通貨の相場は激しいです。朝起きると、暴落している事が多々あります。そのため、一日以内で取引を成立させるという事は、リスクヘッジにも繋がります。

仮想通貨取引所は、24時間取引が可能。

株式やFXでは、取引時間が限定され利用できない時間もあります。それに比べて、仮想通貨取引所は24時間365日取引が可能です。自分の時間にあわせ、好きな時にトレードが可能です。

仮想通貨の相場変動と相性がいい。

仮想通貨の相場の変動は比較的激しく、デイトレードには向いている相場だと思います。この振り幅があればあるほど、取引チャンスやタイミングは増えます。

デイトレードのデメリット

手数料を確認する。

➕で利確したはずなのに、なぜか資金が減っている。そんな事もあるかもしれません。いろんな種類の手数料があります。取引するたびに手数料は発生するため、デイトレードは取引頻度も頭に入れてながら利益を出していきましょう。

はじめは少額からトライする。

初心者だけでなく、経験あるトレーダーさんでも勝ち続ける事は難しいです。ロスカットがあるように、自分のポジションと同時に損切りラインも決まります。そのため、闇雲にトレードするのではなくまずは少額からスタートしトレードする流れや感覚を掴んでいきましょう。

感情に流されない。

相場の変動によって自分の感情が左右されることがあります。短期トレードであればあるほど、ここの課題はでてくると思います。利確を行うのが早すぎたり、利確するタイミングを逃してしまったり…。そんな方は、利食・損切注文を必ず行い心に余裕の持てるトレードをしましょう。

デイトレードにおけるポイント!

流動性が高い通貨や取引所を選びましょう。

流動性が低いと買いたいけど買えない・売りたいけど売れなくなってしまいます。タイミングが非常に大切になるので、流動性は一つ確認したいポイントになりましょう。

勉強をしスキルをつけましょう。

必ず勝てる必勝方法があるわけではありませんが、チャートの見方や分析・手法などを勉強し身につける事は大切だと思います。トライアンドエラーで自分にあった取引方法をみつけていきましょう。

売り注文も可能なレバレッジ取引をうまく活用する。

仮想通貨取引の一つに、レバレッジ取引があります。売り注文もできる為、激しい相場とデイトレードの相性は良いと思います。レバレッジ取引を活用して、利益拡大に繋げてみるのもおすすめです。

まとめ

今回はデイトレードについて紹介しました。この取引戦略が一番いいというわけではなく、大切な資金を失う可能性も十分にあります。リスク含め、自分にあったトレード方法を是非みつけていただければと思います。

まずは、少額から様々な取引を経験してみることをおすすめします。

ABOUT ME
みかん
みかん
みかん(3mikan)です。 トークン/DEX開発経験があり、主に仮想通貨・DeFiについて情報発信しています! お仕事のご依頼やご相談はテレグラムの個人DMから、ご質問がある場合にはテレグラムのグループにてお願いします。